POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

シーズオールエルティッシュの2012(アドマイヤロワ)『週刊Gallop』POGドラフト会議 渡辺武仁記者4位指名

| 0件のコメント

5月16日に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は6/2発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介したいと思います。

シーズオールエルティッシュ2012

父:ディープインパクト
母:シーズオールエルティッシュ
牡馬

入厩予定:橋田満厩舎

◎ 渡辺記者 4位指名

◆会議内でのコメント
ノーザン林宏樹厩舎長が担当する1頭。すでに入厩済み。
少し気性に難があり、急発進するようなところがあるが、そこが爆発力につながげられれば面白いとのこと。
阪神開催か、夏の北海道で使いだすことを目標に現在、調整中。

◆情報局の見解
写真を見る限りは、皮膚の薄さを感じさせて好感の持てる1頭です。

近年こそ鳴りをひそめていますが、アドマイヤ軍団×橋田厩舎の組み合わせは大当たりする場合もありますので、うまくドラフト下位などで拾えたらラッキーな1頭だと思います。

あと、これはオカルト的な話にはなりますが、「アドマイヤ冠名+2文字」はPOG期間によく得点を稼いでくれるなんて話もあります(アドマイヤドン、アドマイヤフジ、アドマイヤベガ)。

一説によると、近藤利一オーナーがクラシックを期待できる場合には2文字にするという話もあり、アドマイヤフジは元々アドマイヤアルプスで登録されていたのが、期待度が高くなったことで途中でフジに変更したというエピソードもあります(逆に2文字から3文字以上に変更されたケースもあります。笑)





コメントを残す

必須欄は * がついています