POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ライジングクロスの2012(アースライズ)『週刊Gallop』POGドラフト会議 渡辺武仁記者5位指名

| 0件のコメント

5月16日に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は6/2発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介したいと思います。

父:マンハッタンカフェ
母:ライジングクロス

入厩予定:矢作芳人厩舎

◎ 渡辺記者 5位指名

◆会議内でのコメント
牧場で外傷を負ったが問題ないとのこと。
多くのG1馬を担当してきた牧場の調教助手の方によれば「歴代のG1馬に似た乗り味」
産地馬体検査を受けなかったが、これは栗東でゲートを受けるためで予定通り。

◆情報局の見解
当FARMのPOGでも人気のライジングクロス産駒。
『丸ごとPOG』の吉田勝己氏へのインタビューの中で「POG向き」と表現されており、いよいよ今年こそは当たりが出てくるかもしれません。

ただ、最近のクラシック牝馬戦線はキレ味が重視されているので、どちらかというと長く脚を使うことを特徴とするマンハッタンカフェ産駒には厳しい戦いも予想されます。ただしレッドディザイアという成功例もありますので、馬のポテンシャルに期待したいところです。

▼ぜひ『週刊Gallop丸ごとPOG』も併せてお読みください





コメントを残す

必須欄は * がついています