POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

母サクラサクⅡの2012(サトノシャルマン)『週刊Gallop』POGドラフト会議 和田稔夫記者5位指名

| 0件のコメント

5月16日に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は6/2発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介したいと思います。

父:ディープインパクト
母:サクラサクⅡ
牝馬

入厩予定:藤原英昭厩舎

◎ 和田記者 5位指名

◆会議内でのコメント
POGの観点から関西のディープインパクト産駒の牝馬が欲しいということで指名。
姉の実績が一番の強調材料。秋デビューに間に合えば予定通りと言えるようです。
和田記者が取材した社台ファームの牝馬の中でも上位の存在で、大舞台を狙える1頭とのこと。

◆情報局の見解
エイジアンウインズやエバーブロッサムの下にあたる良血牝馬。
私もPOGにおいては兄姉の実績を重視しており、ドラフトでリストアップしている1頭。

気になる点を挙げるならば、藤原英昭厩舎の牝馬はあまりクラシックで活躍していないという点。
どちらかというと古馬になってから活躍する牝馬が多いのも事実(エイジアンウインズやストレイトガールなど)。記者の情報の中にある「秋デビュー」という情報は少し気がかりです。

オーナーは「サトノ」の冠名で知られる里見治氏。ぶっちゃけ「サトノの牝馬」と言われて思いつく馬がまったくといっていいほど出てこないので、地雷要素はプンプンです(笑)。
ただ『丸ごとPOG』に掲載されている写真では、首をぐっと低くして走る姿がとても印象的で、非常に気になる1頭ではあります。

▼ぜひ『週刊Gallop丸ごとPOG』も併せてお読みください





コメントを残す

必須欄は * がついています