POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

アドマイヤグルーヴの2012(ドゥラメンテ)『週刊Gallop』POGドラフト会議 和田稔夫記者6位指名

| 0件のコメント

5月16日に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は6/2発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介したいと思います。

アドマイヤグルーヴ2012

父:キングカメハメハ
母:アドマイヤグルーヴ
牡馬

入厩予定:堀宣行厩舎

◎ 和田記者 6位指名

◆会議内でのコメント
最後の指名ということで大物狙い。
堀調教師への取材でも1番目に名前が挙がる。現在の馬体重は485kg。
ノーザン林宏樹厩舎長によれば「母に似てきた」
牧場にいた時に少し崩れた時もあったが、ここにきて成長軌道に乗って来た。
アドマイヤグルーヴが亡くなる前に最後に産んだ忘れ形見。その分、強く能力が遺伝していると期待したい。

◆桜木メモ
今年のベルキャニオンにしても、しっかりを結果を出してくる堀厩舎が送り出す1頭。
『丸ごとPOG』の写真を見ても馬体に張りがあって、品がある馬体だと思います。

不安要素をあげるならば、サンデーレーシングと堀厩舎の組み合わせ
過去の馬をみてみると、獲得賞金は6,000万が限度で、クラシックとはほぼ無縁。

今、最も勢いのある関東の厩舎であることは間違いありませんが、クラシック候補生を出していないことを考えると過剰な期待をしてしまうと危険な1頭になってしまうかもしれません。

▼ぜひ『週刊Gallop丸ごとPOG』も併せてお読みください





コメントを残す

必須欄は * がついています