POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

プリティカリーナの2012(アンタラジー)『週刊Gallop』POGドラフト会議 渡辺武仁記者6位指名

| 0件のコメント

5月16日に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は6/2発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介したいと思います。

プリティカリーナ2012

父:ディープインパクト
母:プリティカリーナ
牡馬

入厩予定:萩原清厩舎

◎ 渡辺記者 6位指名

◆会議内でのコメント
担当馬に対して辛口評価の多いノーザン空港・犬伏健太主任が褒める1頭。
これは非常に珍しく、走るパターン。萩原厩舎の使い出しも早くなっており期待。

◆情報局の見解
個人馬主の方の馬ということで情報が少ないですが、成長してくれば面白いそうな1頭です。
ただディープインパクト産駒にとって中山のコースは鬼門。関東馬にとってはどこで賞金を加算するかが焦点になります。
萩原厩舎は関西に遠征するイメージはほとんどないので、注目してみたいですね。

▼ぜひ『週刊Gallop丸ごとPOG』も併せてお読みください





コメントを残す

必須欄は * がついています