POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

2016年調教師データ分析:南井克巳厩舎(栗東)

| 0件のコメント

南井克巳厩舎(栗東)

■2016年度成績
24-24-18-30-15-176

2016年リーディング:42位 (※2015年53位)
特別レース勝利数:2

勝率 .084
連対率 .167
複勝率 .230

馬房数:20

1馬房あたり平均出走数:14.35(9位)
1馬房あたり平均賞金額:19,717千円
1出走あたり平均賞金額:1,374千円
※馬房数は2016年3月末日時点

2016年2歳新馬・未勝利成績:25戦2勝(勝率.080)

■依頼騎手
1位:城戸義政 35鞍(1勝)
2位:藤岡康太 27鞍(5勝)
3位:和田竜二 27鞍(2勝)
4位:熊沢重文 24鞍(4勝)
5位:松田大作 20鞍(3勝)

■分析
自身が騎乗経験のあるウイングアローで開業1年目にG1を勝利するという珍しい歴史を持つ南井克巳調教師。

ただ近年の成績はあまり冴えておらず、重賞勝ちは2014年以降3年間なし。リーディングの順位は53位→42位と上げてきましたが、特別競走勝ちは2勝。1出走あたりの獲得賞金額も低めです。

厩舎のスタンスは「積極的に出走させる」というもので馬房回転率はリーディング50位中9番目。ダートでの勝ち鞍が少し優勢で16勝。地方交流競走もよく活用しています。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

←他のPOGサイトも見てみる

他の調教師データは コチラ
※本ブログで紹介するデータは独自の集計をしており、一部公式データと異なる部分がございます。あらかじめご了承ください。






コメントを残す

必須欄は * がついています