POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

2016年調教師データ分析:野中賢二厩舎(栗東)

| 0件のコメント

野中賢二厩舎(栗東)

■2016年度成績
23-22-14-15-17-127

2016年リーディング:50位 (※2015年38位)
特別レース勝利数:

勝率 .106
連対率 .206
複勝率 .271

馬房数:20

1馬房あたり平均出走数:10.90(46位)
1馬房あたり平均賞金額:20,330千円
1出走あたり平均賞金額:1,865千円
※馬房数は2016年3月末日時点

2016年2歳新馬・未勝利成績:19戦3勝(勝率.158)
2013世代勝ち上がり率 .375(24頭中9頭)

■依頼騎手
1位:松田大作 29鞍(2勝)
2位:藤岡康太 25鞍(2勝)
3位:松若風馬 12鞍(0勝)
4位:デムーロ 11鞍(4勝)
5位:石橋脩 10鞍(1勝)

■分析
野中厩舎の特徴は、まず頻繁に出走させないという点で馬房回転率は10.90と低く、リーディング50の中で46番目の数値となっています。

また2歳戦にも消極的で2016年は2歳の新馬・未勝利出走数は19走。この点からあまりPOGではおすすめしづらいと言えます。

勝ち鞍の分布は、ダートでの勝ち星が多く15勝。そして短距離も得意で1400m未満のレースで11勝をあげています。

騎手の起用は、前年の分析にも書いた通り、藤岡範士厩舎で厩務員をしていた関係もあり、2016年に関しては兄・佑介が負傷休養していたものの藤岡兄弟への依頼が多いのが特徴です。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

←他のPOGサイトも見てみる

他の調教師データは コチラ
※本ブログで紹介するデータは独自の集計をしており、一部公式データと異なる部分がございます。あらかじめご了承ください。





<


コメントを残す

必須欄は * がついています