POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

フリスタPOG 2017-2018 指名理由を募集します!

| 16件のコメント

▼血統表記付き指名馬一覧表はこちら
http://freestylefarm.sengoku-jidai.com/horselist_17.htm

さて毎年恒例の「指名理由大募集」です。
ほとんどのPOGが指名して放置となりがちな中で、あえて積極的に過去のキズを掘り返していくフリスタPOG(笑)

でも、やっぱり1年後に「こんな理由で選んだのか(苦笑)」と過去と向き合うことでPOGは上手になる(迷走する場合もあるw)と私は信じていますので、指名理由を残しておくことは重要だと考えています。

ですので、皆さんの貴重なお時間を頂戴してでもこの企画は続けていきます。

熱いエール・想像力豊かな妄想、大歓迎です(笑)

この記事へのコメント(コメント欄が見つからない方は記事の一番下の「パーマリンク」を押してください)という形で指名理由をお書きください(長文すぎるとエラーになるケースもあるのでご注意ください)

また今年も【本当に(本当は)欲しかった1頭】も募集します。「この馬が獲れてよかった!」「あの馬、本当は一番欲しかった」など、ドラフトに関するあれこれ書き込んでみてください。

※コメントを頂いたのち、管理人の方で色付けなど一部編集させて頂きます。予めご了承ください

【コメント例】

1.ヘンリーバローズ(母シルヴァースカヤ)
スーパードラ1ということでベタにいきました(笑) 兄とは全然タイプは違いますが、シルバーステートが無事だったら…という疑問をこの仔に託してみます。

2.レイエンダ(母ラドラーダ)
うーん、この仔がドラ2で獲れてしまったことが良くも悪くも今期最大の誤算でした。この仔は獲れない計算でやっていたので、そのあと綺麗に1巡ずつ競合負け(苦笑)
兄と違ってNHKマイルC目標で稼いで欲しい。持ってるエンジンは兄以上だと思います。

3.ブレイニーラン(母プチノワール)
厩舎データの研究結果、近いうちに須貝厩舎のブレイクが来ると予想。なので今期は3頭指名。配合も「ディープ+母父Singspeal」はシンハライトと共通で魅力的。

4.ウムラオフ(母ウミラージ)
この馬が単独指名は想定外。このパターンはちょっと怖いです(苦笑) ただ青本のアンカツ対談で褒められていましたし、「ステイゴールド+母系にLyphard」はサンライズマックスなど2000m戦に強い配合。目指せ皐月賞。

5.アドマイヤツルギ(母リュシオル)
須貝厩舎2本目の矢。「苦手なステイ系」「母父クロフネ」と本来なら指名しないタイプですが、難しい馬を手掛けてきた須貝厩舎の実績を考えると走りそう。「母系にNureyev」は兄ドリームジャーニーの成功配合。

6.ディバインブリーズ(母スズカモンスーン)
須貝厩舎3本目の矢。SSを含まない形のルーラーシップ+Halo+ナスキロ。今後の勉強のため実験指名。

7.ルーカス(母メジロフランシス)
ここから補充指名。リッチダンサーと迷いましたが、こちらのほうが楽にとれそうだったので(笑)

8.フィニフティ(母ココシュニック)
今年は牝馬の獲得に失敗しまくり、現状指名したいと思ったのがこの馬だけ。晩成傾向の強い血統ですが、もう本州に入ってる点はいいと思います。

9.リンガラポップス(母クラシックローズ)
毎年指名する「函館2歳S狙い」はこの馬にしました。新馬負けは完全に想定外ですが、モンドキャンノのリベンジはこの馬で!

【本当は欲しかった1頭】
グラマラスライフ(母プリティカリーナ)
実は1年前から指名を決めていた馬でして、この馬を軸にドラフトを考えていたのですが思いがけずドラフト順位が1位となってしまい、欲が出て4巡目指名(計算では3頭目)。逆に下位だったら2位で獲りにいっていました。

1年前からNF天栄の木實谷場長が惚れ込んでいましたし、近況もかなり良さげ。これは確実に走るでしょう。重賞勝ちは間違いないかと。

それにしても、今年は牝馬の獲得が大失敗。例年なら間違いなく一本釣りできていたであろう母シーザリオの獲得失敗、そして補充指名で十分間に合うと思っていたら、母アディクティド(出資馬だし)・母ミスティックリバーも獲得できず。配合的にかなりいけると踏んでいる母サラフィナ、まさか1頭も指名できないとは思ってもいませんでした。これがどう影響してくるのか不安たっぷりです (^^;;

それでは皆さんからのご投稿、心よりお待ちしております!



←他のPOGサイトも見てみる


■こちらの記事も読まれています

【赤本・青本・POGの王道・丸ごとPOGなど】2017-2018 POG本・関連書籍発売日まとめ

2018年度デビュー新種牡馬分析[ジャスタウェイ・ダンカーク・トーセンジョーダン]


16件のコメント

  1. リヴィアローズの15
    半兄レッドローゼスはプリンシパルS2着
    本馬はノーザン育成ディープ変わり矢作厩舎入りと買い材料満載

    アドマイヤアルバ
    躍進続くハーツクライ産駒、母父バーンスタインはゴスホークケンの父で有名
    アドマイヤ復活の流れに乗れるか

    ダノンカイザー
    ディープ×ストームキャットで安心感ある配合 クラシックに乗れなくてもマイルカップでチャンスありそう

    トーセンブレス
    過去のドラフトでハープスターを獲れなかった悔しさ ワントゥワンもそこそこ走ったので同配合を追いかけ続けます

    ダノンポピー
    ミッキーロケットの半妹
    母馬はサンデー系とも相性良さそうな血(ヌレイエフ系のピヴォタル)があるので走りそう

    ユナリオンス
    欧州で走らせたほうが良さそうな血統ですが(笑)、オークス狙いです

    エイシンテースティ
    ダイワメジャー牝馬をもう1頭補充
    母父キンカメもじわじわと勢力拡大中

    ダノンパーフェクト
    スパークルメノウのリベンジ指名です

    オークヒルロッジ
    ハービンジャーのゴツさをタキオンとカポーティで中和するとちょうど良くなりそう 母の兄弟にカポーティスター

    ワナビーハッカー
    ダビスタの薗部さんの馬 重賞勝ちからは遠ざかってますが薗部×宗像コンビは
    勝ち上がり馬多数で信頼感あります
    ハーツ×母母父アンブライドルズソングでうまくハマればクラシックも

    獲りたかった馬ソリッドドリーム
    この馬とタニノフランケル、フランケル牡馬の走りを早く見たいです

  2. 桜木さん、ご苦労様です

    早速ですが、

    ◼️指名理由
    01.スターリーステージ(母:スターアイル)
    今年の牝馬では1、2番手の評価
    頭かそれに近い順位でないと取れそうにないかも、と思い敢えて頭で指名
    悪くても重賞、というのは望みすぎ?

    02.レッドベルローズ (母:レッドファンタジア)
    均整のとれた馬体に惚れました
    初仔というのが気になりますが、期待を込めて上位評価

    03.ヴァルディノート (母:シシリアンブリーズ)
    速攻系のイメージ
    小倉2歳Sで出会えれば最高

    04.リバティハイツ (母:ドバウィハイツ)
    一昨年、姉のリーチザハイツを指名
    残念な結果になりましたが、父がキンカメに代わった事が効果なのか、馬体が非常に良く見えたのでリベンジの意味も込めて指名

    05.アプルーヴァル (母:ファシネイション)
    緑本の一番手
    オルフェーヴル産駒としても一番手になって貰いたい
    、、、のですが、補充指名でフラットレー取れてたよなー、と

    06.カーロバンビーナ (母:カンビーナ)
    ディープ牝馬を厚くしたかったのと、戸田厩舎期待の一頭らしいので
    後、表情に可愛げを感じ

    07.トーセンブレイヴ (母:ギーニョ)
    初トーセン馬です
    ザ・キンカメのコメントに食指が動いて

    08.サラーブ (母:サマーハ)
    シャケトラのイメージで、間に合わんかも?と思ってましたが、良い感じに進んでいるようなので

    09.デクレアラー (母:アスドゥクール)
    仔出しも良いようで、そこそこポイントはゲットしてくれるかと

    10.もう少し様子見します

    ◼️取りたかった一頭
    フラットレーです
    補充指名に参加してれば取れてた分、思いが余計に募りますね

    以上

    昨シーズンは補充指名のポチに悪戦苦闘し、ズタズタになったのも良い思い出です
    今シーズンは嘘の様にドンピシャ、、、ですが、被った馬もおらず、、、

    牝馬は比較的良いメンバーが揃ったのではないか?と思うので、前シーズンより一つでも順位が上がればなー、と思います

    とまれ、桜木さん、皆さん一年間宜しくお願いします

  3. 皆さんのように詳しいわけでないので、血統とか馬体がとか語れません。
    広く優しい気持ちでお読み頂ければ幸いです(笑)
    ◼️指名理由
    1.グランソード(母ドリームオブジェニー)
     昨期指名のファンディーナに気を良くしての半弟指名。
    2.ロビンズソング(母チアズメッセージ)
     この馬が2位とは(笑) 半兄クリプトグラムのイメージで指名。
    3.バレリオ(母リリウム)
     この馬が3位とは(笑) 早めの始動を見込んでいましたがダメっぽい(苦)
    4.ファストアプローチ(母ジョリージョコンド
     藤沢和雄-山本英俊ラインで期待。

    ここまでがリスト提出馬でした。
    完全に戦略ミスでしたね。反省です。以下は補充指名。

    5.ロックディスタウン(母ストレイキャット)
     ステイゴールドと相性のよい母にオルフェーヴルということで更に期待。
    6.ムーランジュビリー(母エレンウィルモット)
     ハーツクライ牝馬で人気薄の穴っぽそうなの…と。 
    7.ミッキードーヴィル(母レディドーヴィル)
     ミッキーで人気薄の穴っぽいのがいれば…と。
    8.ククルカン(母クイーンカアフマヌ)
     カナロア以降走る仔はでていないが、そろそろどう?ってことで。
    9.ジャンダルム(母ビリーヴ)
     池江さんに預けるあたり「短距離馬じゃない?」なんて。
    10.グランデウィーク(母プロフェシーライツ)
     トレーニングセールの動きが抜群。
     久々にスペシャルウィークから大物が!なんて。

    ■獲りたかった1頭
     母サロミナ:表記ミスで母サラキアとして指名してしまう粗相。
     えてして走るんだろうなと。

    ということで、皆様宜しくお願い致します。

  4. 桜木さんお疲れ様です。
    今期はドラフト順位が第2位ということで色気も出たのですが。
    多分1位の桜木さんはラドラーダを一番に指名されるであろうから、私はそれ以外での取り放題!!!ということで悩みました。
    で、プラウドスペルで行こうと決めていたものの、はて?この前回2位の好成績は誰のお陰でなれたのか???・・・・と熟考し・・・・・前回の勢いそのままにFrankelだっ!デインドリームで行かねば誰が行く!(笑)って結論で・・・・・。
    ソリッドドリーム(母デインドリーム)・・・ひょっとしてソウルスターリングの活躍は母スタセリタの力かも・・・・・ひょっとしてFrankelの牡馬はダメかも・・・・・とは思いながらの半信半疑での指名となりました。嵌まれば二期連続のG1も。
    サトノエターナル(母ソーメニーウェイズ)・・・2位にはやはりディープの牡馬が欲しくて何頭か書いてみてこの馬が当りました。やはりディープの高額馬?も欲しいですもんね!
    グラマラスライフ(母プリティカリーナ)・・・桜木さんも狙っておられた様子。上は休み休みという使い方しかできないようですが、さてこの仔はどうでしょうかね。走りさえすればいつも得点圏内でしょう。
    ダノンアモーレ(母ウォッチハー)・・・ディープの牝馬。私の好みのBuckpasserのクロスが内包されています。
    ケイアイノーテック(母ケイアイガーベラ)・・・早期始動を期待していた通りデビュー勝ちをおさめをてくれています。芝でも大丈夫。大きすぎないディープも好みであります。
    イダエンペラー(母アドマイヤセラヴィ)・・・ルーラー産駒も欲しいですよね。距離伸びての楽しみに獲りました。
    以下追加ドラフト分
    前回は追加指名分でサトノアマゾネスの指名に成功したので、本来ここのPOGの一番の難関?お楽しみ?は追加指名にあります。今年も熾烈でしたね。
    ヴォルビスベイ(母オヴァンボクイーン)・・・1位指名したデインドリームが勝ったバーデン大賞(独G1)の2着馬。これもちょっとしたご縁で(笑)松永幹さん頑張ってね!
    レッドガーランド(母フェアリーバラード)・・・⑦に続きディープの牡馬。サドラー系でクロスも多いのですがヘイローの3×3が利いてくれれば。
    リバーブレーション(母パイタ)・・・またまた続きディープの牡馬。今年のパイタは出来がいいらしい。信じよう。
    ゴルトキルシェ(母ダリシア)・・・これも桜木さんの指名候補だった様子。のんびりした?兄弟が多い中、気性がきつい分、上よりは早めにデビューできないかな?

    隠し玉で欲しかった仔
    母コートアウト(オルフェの牡馬)
    あまりにも情報がなさすぎて、生きているのかも不明・・・・・
    出てきてくれたらバリバリ走りそう!

    桜木さん、参加のみなさん、今期もお付き合いよろしくお願いします。

  5. 今期の指名方針は初心に帰り、「確率重視より応援したい」「より多くダービーに出走させたい」そして「ネーミングセンスのいい馬」がテーマ。果たして・・・

    1位 フランツ(父ディープインパクト 母ロベルタ 牡 音無)
    過去音無厩舎指名牡馬(2頭)は相性がよく、いずれもPOG期間内OP入り。
    しかも本馬の母は過去の指名馬ヴィクトリーの全妹と個人的に熱いプロフ。
    小柄な全兄と違い馬体も大きく出た点も好印象、音無師悲願のダービー制覇を期待します。

    2位 レピアーウィット(父ヘニーヒューズ 母ランニングボブキャッツ 牡 堀)
    筋肉の鎧を纏った圧巻の馬体に一目惚れ。
    デビュー戦は取りこぼしましたが、大谷翔平のように二刀流でマイル、ダート界を席巻してもらいたいです。

    3位 ダブルフラット(父マンハッタンカフェ 母アガルタ 牡 角居)
    一昨年のシャケトラ指名時のコメントを引用
    >金子オーナーがセレクトセールで落札したノーザンファーム生産馬が角居厩舎に預託された馬(7頭)は最低3勝以上。
    そのシャケトラもこれに該当、しかも、早期入厩→ゲート試験合格→放牧の角居厩舎黄金パターンと来れば期待感マキシマム!

    4位 プリヒストリー(父ディープインパクト 母アーキオロジー 牡 厩舎未定)
    過去の指名馬アストロロジーの下。
    ダーレーはPOG媒体に情報がないのですが、唯一記載された青本の「一番進んでいる組」からダーレーの一番馬と推察。
    藤原英厩舎であれば確信に変わります。

    5位 グレイル(父ハーツクライ 母プラチナチャリス 牡 野中)
    オーナーのカナヤマHDは元「エイシン」におられた方がアドバイザーに就いてから確変。
    本馬もセレクトセールで購買となると、エイシンフラッシュの夢をふたたび!?
    赤本に素質馬の宝庫ノーザンF早来のコメントが掲載された点も買い材料。

    6位 シュバルツボンバー(父ディープブリランテ 母ショアー 牡 須貝)
    早期入厩馬が走る傾向の須貝厩舎から本馬をチョイス。
    5月にプール調教を計26周を消化したタフネスぶりで心肺機能も大きくアップ!?。
    評判馬が揃う夏の阪神最終週芝1800mをデビュー戦に選んだことからも、陣営の期待度の大きさがうかがい知れます。

    ここから補充馬
    7位 ブライトパス(父ロードカナロア 母ルミナスポイント 牝 安田)
    ダメもとで挑んだフラットレーの獲得失敗は想定済み。まず獲得に失敗した牝馬が欲しかったので、堅実に稼ぎそうな本馬をピックアップ。
    個人的にソニンクの血統と相性が良く、過去ノットアローン、オデュッセウスがいずれもPOG期間内3勝。そのノットアローンの全姉の仔でしかも忘れ形見と思い入れたっぷりの指名です。

    8位 イッツパーフェクト(父Frankel 母パーフェクトトリビュート 牡 安田)
    Frankel産駒牡馬重賞馬の共通点は母がNorthern Dancerのクロスを持っていて、父母間でNorthern DancerとSpecialのクロスがあることで、本馬はその条件に合致。
    媒体への情報過疎とクラブに出されなかったので何らかの瑕疵を疑い、リストから外しましたが、まさかの安田厩舎早期入厩の情報を知り急遽指名。
    その馬名に惚れたのは言うまでもありません。

    9位 馬名未定(父ハーツクライ 母マチカネタマカズラ 牝 角居)
    ハーツクライ×母父Kingmamboはかなり堅実性のある配合。
    オークス狙いに適した厩舎、丸ごとPOGのコメントから期待大。
    全姉の果たせなかった夢を妹に託します。

    10位 アンドレアス(父キングカメハメハ 母マンハッタンセレブ 牡 厩舎未定)
    早くから脱北済み、欠点が見当たらないという赤本のコメント頼りの指名。
    指名後社台Fの吉田哲哉氏の絶賛コメントを知り、期待度アップ。

    本当は欲しかった1頭
    モルトアレグロ(父Speightown 母Mo Chuisle 牝 武井)
    狙っていた牝馬が1頭も獲得できなかったのが大誤算。特に今期もっとも自信のあった速攻枠モルトアレグロの獲得失敗が一番の痛手。
    函館2歳S、最悪でもエーデルワイス賞は狙えると思い、昨年の轍は踏むまいとリストアップしたが、まさかの重複負けとは・・・。

    桜木さん、参加者のみなさま、1年間よろしくお願いします。

  6. いやはや、完全に出遅れましたが、補充獲得のルールを有効活用して
    なんとか間に合ったことはラッキーでした。
    欲しかった指名馬はほぼ獲得できました。
    もともとの指名予定馬は以下の通りで、
    1. マルティンスターク
    2. ヒカルアマランサス
    3. ソニックグルーヴ
    4. スイープトウショウ
    5. ヴェイルオブアヴァロン
    6. エルメスグリーン
    7. アーデルハイト
    8. ラヴズオンリーミー
    9. ロベルタ
    10. アグネスショコラ
    ロベルタだけとれなかったという状況でした。では・・・指名理由。
    1.ショーンガウアー(母マルティンスターク)
    私とこの『血』には、もう説明はいらないかなぁ・・・
    でもお姉さん2頭とは全く路線が変わることを期待しています。
    どうも、おばあちゃんの血が出てきている上の2頭とは違ってくるかなぁ。。
    とにかく芝長距離を主戦場にしてほしい。

    2.テネイシャス(母ヒカルアマランサス)
    だんだん淘汰?が進んでいるアグネスタキオンの血。
    一瞬の切れ味はかなりのもの。ただ、足元の弱さだけを改善することができたなら…

    3.オーフルテソーロ(母ソニックグルーヴ)
    こちらも、足元の弱さだけが玉にキズ。
    少しスピードに偏ってはいるものの、足元の強さとスタミナをどうにか補強できれば・・・

    4.スイープトウショウの2015
    気性難が出ないことを祈ります。それだけです。

    5.ウェストレー(母ヴェイルオブアヴァロン)
    バランスがいい馬体に惚れました。
    兄弟もあまり『外れ』がないのが魅力です。

    6.シャンボールナイト(母エルメスグリーン)
    某雑誌で一目ぼれ。ファーストインプレションです。

    7.アーデルハイゼ(母アーデルハイト)
    血です。血の力を信じます。

    8.ジンゴイスト(母ラヴズオンリーミー)
    こちらも『外れ』はなかなかないと思います。
    産駒の安定感に賭けました。勝ちあがるはずです。

    9.ショコラトリー(母アグネスショコラ)
    完全にダート馬だとは思います。
    が、勝ちあがるのには時間がかからないと思います。

    10.コリーヌヴェルト(母グリューネワルト)
    こちらも、勝負は2歳戦のみだと思ってはいるのですが、
    3歳春まではなんとか・・・なるかなぁ。
     

  7. フリスタPOG ドラフトリスト

    ②♀アロハリリー(母ハワイアンウインド)

    今年のクラシックを賑わした、レイデオロ、アドマイヤミヤビと同じディープ牝系
    特に、アドマイヤミヤビとは母父がクロフネからキンカメに替わっただけの7/8同血
    ハーツクライにキンカメ、更にディープ牝系…昨今の日本競馬に欠かせない名馬の名が並ぶ…走らない訳ないはず

    既にゲート合格済みで、成長待って秋の王道デビュー

    ③♂リシュブール(母ラストグルーヴ)

    無事なら春のクラシックの主役になってたはずの昨年ドラ1ヴァナヘイムと同配合
    上のアロハリリー同様、血統表に並ぶのは、キンカメにディープにエアグルーヴと日本が誇る名馬達

    心配は、この血統にありがちな搭載エンジンに脚元が付いていけないリスク

    ⑤♂ラントカルテ(母ランデミナエル)

    昨年裏の稼ぎ頭ペルシアンナイトと同じ追分=GⅠR=池江厩舎のチーム
    オルフェーヴルなら人気はシンハライト弟やサトノダイヤモンド妹なんでしょうが…祖父ステゴから三代続く白老F=池江厩舎のこの血知り尽くしたタッグのこの馬指名

    青本対談で、アンカツさんはディープに見間違え、岡田牧雄さんは大化け予測、馬三郎弥永さんは来年ダービー馬となf^_^;)

    ⑥♀デサフィアンテ(母アヴェンチュラ)

    母アヴェンチュラはここではないけどかつての指名馬
    キンカメ×ジャンポケはまだ結果出てないが、キンカメ×SS、キンカメ×トニービンは結果出てるだけに、当たりの可能性秘めてる

    ⑧♂コンキスタドール(母レーゲンボーゲン)

    良血ディープの揃う音無厩舎では地味な存在ながら、既にゲート合格済み

    母は、堅実ママのレーゲンボーゲンなら、期間2勝は堅いのでは?

    ⑨♂ロイヤルバローズ(父オルフェーヴル)

    玉砕ドラ1で指名の角居=猪熊タッグのヘンリーバローズの代替指名

    POG本での扱いもそれ程高くないが、牝系はオークス馬も出てる筋の通った血統
    育成の評判も悪くない
    ちょっと活力落ちてたが、ここに来てグレーターロンドンが出て、名門復活か?

    ⑩♀モトカ(母Susela)

    馬主になって2年目で交流GⅠ勝ち、マイルGⅠ2着のリエノテソーロ引いた了徳寺オーナー
    その馬運にかけて、Frankel牝馬を指名

    補充①
    ♂タニノフランケル(母ウオッカ)

    一昨年、補充でリオンディーズ見つけた時以来の衝撃!
    ソウルスターリング、ミスエルテの活躍でブレイク間違い無しのFrankel産駒、母がGⅠ7勝のウオッカならドラ1で消えてもおかしくない良血馬が補充で余ってるなんて?しかも…競合無しとは…

    上3頭の実績から、危険な人気馬扱いですか?

    地雷上等!心中してみます

    補充②
    ♀シャンデリアスピン(母ダンスインザムード)

    自身は実績もあり良血ながら、マイナー種牡馬をつけ続けられながら、未デビューの一つ上以外は期間内に立ち上がり、重賞勝ち馬も出してる堅実ママのダンスインザムード

    今期は新種牡馬のノヴェリスト産駒

    既にゲート合格済みで成長待って秋デビューか?

    補充③
    ♂スズカテイオー(母スプリングサンダー)

    9巡目終わってディープ産駒無し
    このまま、ディープ無しリストで攻めるか迷ったが…

    やはり、いないと寂しく残り福狙い

    叔父に春天勝ち馬スプリングマンボ
    母は、重賞勝ちこそ無いが2.3着で勝ち負け、中央5勝は立派な成績
    ディープに相性いい、クロフネにキングマンボならWニックス

    既にゲート合格済みで案外拾い物かも?

    【欲しかった馬は…】
    やはり玉砕ドラ1指名の♂ヘンリーバローズ(母シルヴァースカヤ)

    幻のダービー馬全兄シルバーステートは、長欠明け快勝でもっか三連勝!
    唯一の敗戦が今春GⅠ馬になったアドマイヤリードなら能力本物
    兄の無念果たせる器

    陰ながら…応援します

  8. 1.サトノソルタス(母アイランドファッション)
    全兄ジェロディのリベンジを。
    堀厩舎×サトノで既にゲート試験合格して順調なら、全くのハズレではないでしょう。
    母はそろそろ大物を出していいと思っています。

    2.ザスリーサーティ(母ツーデイズノーチス)
    本来なら取らないステゴ×母ミスプロ系。
    しかし母の繁殖成績と岡田牧雄氏の強気発言を信じ、これまでの法則を崩してくれるのではないかと期待しております。
    ステゴ最後の大物になってほしいです。

    3.ウェストブルック(母ターフローズ)
    ターフローズ好きとしては指名しないわけにはいきませんでした。
    馬格のあるディープなので大丈夫でしょう。
    正直、馬名は兄たちのほうが好きです(笑)

    4.ジェネラーレウーノ(母シャンハイロック)
    吉田勝己氏がルーカスそっちのけで褒めていたところにピンときました。
    Nijinsky、Alydar、Storm Cat、ロックオブジブラルタルと名血ばかり付けて最後にスクリーンヒーロー。
    これは大爆発の予感しかしません。
    既に早いタイムを出しているのでデビューが楽しみです。

    5.スワーヴエドワード(母スルージエアー)
    勢いのあるウインドインハーヘア牝系と勢いのある馬主。
    ここまでエイシンフラッシュ産駒は結果が出ていませんが、調教師もおもしろい存在と褒めています。
    今週末デビューですが、調教もまあまあ動いていてメンツも強くないので、結果を残してもらいたいですね。

    6.トーセンアルタイル(母ケアレスウィスパー)
    この春のハービンジャー旋風に乗って、ノーザン産で1番気に入ったこちらを。
    全兄以来の牡馬に出たところも期待値アップです。
    適性も長距離にあるとのことなので、ゆっくり秋から青葉賞~ダービーを目指してくれたらいいなと思います。

    7.ギルトエッジ(母ランズエッジ)
    姉たちは素質がありながらも大成できませんでしたが、初の牡馬に出たことで流れが変わると思っています。
    調教動画もかなり良く見えました。
    父と厩舎がクラシックに縁のないところが不安ですかね。

    ここから補充指名

    8.センテリュオ(母アドマイヤキラメキ)
    牝馬が1頭も取れなかったので、やはりノーザン産のディープ牝馬が欲しかったです。
    その後一頓挫あったみたいで、デビューは結構遅れそうな気配が・・
    進捗状況によっては交換やむなしです。

    9.ナスノシンフォニー(母ナスノシベリウス)
    ノーザンF産外のノーザンF育成に目を付けていて、ジェネラーレウーノが取れたならこっちも欲しくなっちゃいました。
    ハーツクライ×Unbridled’s Songのニックスで調教もいい感じに進んでいます。
    字面は満点なんであとは母のポテンシャルですかね。

    10.ハーベストムーン(母レツィーナ)
    欲しかったスワーヴアラミスとミッキードーヴィルが同時に消えてしまったのでやむなくこちらを。
    ただ兄弟は全て勝ち上がり、厩舎×馬主もいい組み合わせ。
    堅実に走ってくれると思っています。

    【本当は欲しかった1頭】
    アロハリリー(母ハワイアンウインド)
    牝馬の筆頭はこの馬だったんですけど、入厩済で5位指名じゃさすがに甘かったです。

    今期は欲しい馬から取っていったのですが、フラットレーが補充まで残るとは思いませんでした。
    来年はもう少しベタベタで提出しようと思います。

    桜木さん、みなさま、1年間よろしくお願いします。

    あと指名馬一覧表がどこで見てもエラーになるのですが、私だけでしょうか。

  9.  ↑ コイコイさん
    私もですよ(笑)ご安心下さい???

  10. >千代翁さん

    それなら良かった??です(笑)

    自分だけ拒否られてるのかと思っちゃいました笑

  11. >千代翁さん、コイコイさん
    修正しました。おそらく見れるようになっているかと思います。

  12. >桜木さん

    私の5位指名の母レーゲンボーゲンですが、父がゼンノロブロイの半姉ドゥハになってます

    私が指名したのは、父ルーラーシップのコンキスタドールです

  13. >桜木さん

    早速の修正ありがとうございました。

  14. >mootinさん
    修正しました

  15. 桜木さん、疲れ様です。
    私の10位指名:母プロフェシーライツがPOGスタリオンに登録になっていません。
    これからでしたらスミマセン。
    宜しくお願い致します。

  16. ①サトノグロワール(母シャムロッカー)
    この指名順位で有名どころを獲るなら、何かしら不安点がなければ・・・
    ということで、手術の情報で優先順位が下がった当馬ならと狙いました。
    絶好調の里見さんも回収できて、その点は幸運な指名となりました。

    ②ラポートトーク(母リラックススマイル)
    ディープ牝馬は狙っていましたが、ついでに金子さんも回収しよう!
    ということで、全姉マローブルー以来のディープ仔となった当馬を。
    お姉さんよりも大きく出たので、成績も一回り上を期待しています。

    ③トウシンゴールド(母カサブランカスマイル)
    ハーツクライも1頭は欲しいということで、千代田さんの1番馬を。
    まさか、7月の新馬戦に登場する予定になるとは思いませんでした。
    2歳からバリバリとはいかないと思いますが、来年の春頃に期待。

    ④トーセンヴァロン(母ベルワトリング)
    使ったお金の割に、成績の物足りない馬主仲間だった里見さんが大爆発。
    そろそろ島川さんも、大爆発したって罰は当たらないでしょう。
    一緒に走ったカサブランカスマイルの仔とともに南米旋風を。

    ⑤ミッキーチャーム(母リップルスメイド)
    中内田厩舎の馬を1頭指名したいと考えて、当馬を選びました。
    ラポートトークと同じページに名前があって、印象に残っていて
    どっちが活躍するかな、という思いも込めて。共倒れはナシで(笑)

    ⑥ハギノフロンティア(母アンブライドルドブリーズ)
    ヘニーヒューズ産駒も欲しいと思っていて、松国さん自信の当馬を。
    今世代には自信があると語っておられますが、その中でも高いトーン。
    芝でもダートでも、海外は一旦置いて、GⅠの方には出て欲しいですね。

    ⑦ジナンボー(母アパパネ)
    こちらで言うところの「地雷処理」になりましたでしょうか。
    難しい気性で不成績の兄、ネタっぽい名前と回避される要素は満載でしたが
    指名直前に、厩舎のトーンが一気に上がったので指名、ひとまず成功です。

    ⑧オメガクオリティー(母フーハイナ)
    せっかく南米を推しましたので、もっと行ってしまおうと当馬を。
    随分とディープが指名できてしまったので、違ったタイプの種牡馬も補充。
    配合的にも見どころがあるということで、期待しています。

    ⑨ヴィグール(母スナップショット)
    トップロードを応援していた者としては、歯がゆかった渡辺騎手ですが
    厩舎応援も含めて、ディープとは異なるタイプの種牡馬の仔を狙って。
    兄の活躍に、サンデー肌のクロフネ牝馬、馬は本当にいいということで。

    ⑩ダノンユニヴァース(母ダノンボンジュール)
    上も下も自家種牡馬の仔なのに、この仔だけ突然ロジユニヴァース。
    得てしてこういうのは、この仔が一番当たっちゃうのでは・・・と。
    母も繁殖成績が上がってきていますし、有名SS系の対抗馬として期待。

    本当は欲しかった馬
    ソラリアの2015
    狙っていた南米系の大本命として、すごく楽しみにしていたんですが
    名前どころか何の情報も入って来ず、指名を断念しました。

    トゥザフロンティアは残念でしたが、別のフロンティアに期待します。
    ちょっとディープが多くなってしまいましたが、どうなることでしょうか。

    今年も1年間宜しくお願いします。

コメントを残す

必須欄は * がついています