POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ディアデラノビアの2016(父キングカメハメハ)評価【キャロットクラブ募集番号5】

| 0件のコメント

これまで長年、POGを運営してきた経験や、独自のデータ・傾向分析から競走馬への出資に関する考え方を書いていきます(当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです)

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する回収率を重視(目標200%)
・クラブ内世代トップ10入りを目指せるか?
・重賞出走を目指せるレベルか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・出生時の母年齢
・DVDでの動き(故障・怪我のリスク)
・厩舎力、厩舎の方針、厩舎データ


ディアデラノビアの2016

ディアデラノビアの2016

父:キングカメハメハ
母:ディアデラノビア(14歳)
母父:サンデーサイレンス

5代目までのクロス:Raise a Native 4×5, Northern Dancer 5×5

牡馬

募集価格:7,000万円
預託予定:堀宣行厩舎(美浦) 厩舎データ

このサイトでは何度か書いているのですが、キングカメハメハ産駒は【牡馬優勢】の種牡馬です。獲得賞金上位10位の中で牝馬はアパパネのみ。20位まで広げてもレッツゴードンキを加えた2頭のみ。重賞を勝っている馬もいるので牝馬だとダメというわけではないのですが、キャロットクラブという枠の中で考えると、トゥザグローリー・トゥザワールド・リオンディーズなど種牡馬を輩出しており、あくまでも筆者個人の意見ですが「キャロットクラブでキンカメ産駒を買うなら牡馬で夢を見たほうがいい」と考えています(レイデオロもこの考えで出資しました)。そういう意味で今回、牡馬に出たのはプラスだと判断します。

さらに堀厩舎は明らかに牡馬のほうがトータルで賞金を稼いでくれますので、その点でも牡馬に出たことで評価を上げるべきでしょう。堀厩舎の2択ならクルソラの2016ではなく、ディアデラノビアの2016です。

この一族で不安なのは気性面で、あまり若いころに追い込みすぎるとこじらせる傾向があるのでクラシックを期待するよりは、古馬になってからの活躍を期待したいタイプです。とりわけキングカメハメハ産駒は使い詰めしてしまうとパフォーマンスを落としやすい種牡馬ですので、その点、レース間隔をあける堀厩舎というのも合いそうです。

唯一の減点材料は母年齢。ただしディアデラノビアの仔は気性の問題こそあれ、基本的には体質は強いほうだと言えるので、母の年齢14歳というのはそこまでマイナスにはならないだろうとジャッジします。

全姉・全兄で配合に問題がないのは明らかですし、厩舎データは文句なし。馬とのミスマッチもありません。動画を見ても、踏み込みが深く雰囲気抜群です。筆者は今年は前年度の最優先当選組なので縁はありませんが、一番欲しいと思った馬に最優先を使う方針ですので、今年は本馬を最優先とする予定です。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※母名の横の( )内の数字は本馬出生時の母馬年齢
※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2016年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2016



←他のサイトも見てみる






コメントを残す

必須欄は * がついています