POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

スカーレットベルの2016(父ロードカナロア)評価【キャロットクラブ募集番号13】

| 0件のコメント

これまで長年、POGを運営してきた経験や、独自のデータ・傾向分析から競走馬への出資に関する考え方を書いていきます(当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです)

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する回収率を重視(目標200%)
・クラブ内世代トップ10入りを目指せるか?
・重賞出走を目指せるレベルか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・出生時の母年齢
・DVDでの動き(故障・怪我のリスク)
・厩舎力、厩舎の方針、厩舎データ


スカーレットベルの2016

スカーレットベルの2016

父:ロードカナロア
母:スカーレットベル(15歳)
母父:エリシオ

5代目までのクロス:Northern Dancer 5x4x5

牝馬

募集価格:2,800万円
預託予定:国枝栄厩舎(美浦) (厩舎データ分析)

本馬の半兄ダノンリバティ(キングカメハメハ)は3勝をあげ、重賞2着が3回。スカーレットベルの代表的な産駒ですから、ミスプロ系との相性は良いとみるべきでしょう。

このスカーレットレディの一族は基本的にはダート色が強いのが特徴。現時点でロードカナロア産駒のダート適性は未知数ですが、父キングカメハメハはダートの大物も輩出していますし、ダートで面白そうではありますが、仮にダート適性が強く出た場合に牝馬というのはマイナス評価ですので、このあたりは判断に迷うところ。

ただ写真を見る限りは芝の適性のほうが勝っているように見えます。ちなみに国枝厩舎は2016年、ダート戦は7勝のみ(34勝中)なので、厩舎の傾向としてもダートのほうに適性があると適正な条件を使ってもらえず、出世が遅れるなどの事態が考えられるでしょう。

配合面の面白いデータとしては、本記事執筆時点で現2歳のロードカナロア産駒は5頭が中央で勝ち上がっていますが、そのうち3頭(スズカマンサク,ステルヴィオ,トゥザフロンティア)が母系にFairy Kingの血を持っており、本馬も同様にFairy King持ち。そして残りの2頭のうちの1頭(レッドシャーロット)もFairy Kingと3/4の同血のNureyevの血を持っており、【ロードカナロアはFairy KingやNureyevの血といったSpecialの血と相性が良い】という仮説が考えられます。

前述のスズカマンサクやステルヴィオは、逃げ・先行から上がり1位をマークしており、先行できるスピードがあって、かつ速い上がりも出せるという共通項があります。これらと同じFairy Kingの血を持っていることは、本馬の配合の魅力だと言えます。

懸念点は本馬出生時の母年齢。15歳という年齢はクラブ内の世代ベスト10を狙うギリギリの上限で、少なくとも筆者は検討がやや消極的になる年齢です。配合自体は魅力的ですが、母年齢とダート適性が強く出た場合のリスクを考えると、筆者は手を出さないタイプです。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※母名の横の( )内の数字は本馬出生時の母馬年齢
※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2016年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2016



←他のサイトも見てみる






コメントを残す

必須欄は * がついています