POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

キャロットクラブ2016年度産駒 申込結果

| 1件のコメント

■申込内容
05.ディアデラノビアの2016(父キングカメハメハ) → 最優先落選
60.グレイトフィーヴァーの2016(父ジャスタウェイ) → 当選
67.ラフォルジュルネの2016(父ハービンジャー) → 当選(母親優先)

今年はキャロットクラブが初めてダービーを制覇したということと、全体的にセレクトセール同様に一口馬主界の好景気を感じました。そういう中で、非常に馬選びに悩んだ方が多いかと思います。

ただ個人的には少し燃え尽き症候群気味なのか、馬を選ぶ基準が厳しすぎたのか、実は欲しいと思う馬が少なかったですね。

私は馬体のことがわからないので【血統から導き出される適性予想と厩舎がマッチしているかどうか】を重視しているわけですが、今年の募集馬はこの部分のミスマッチが多く、上位の厩舎でこの条件を満たしているのがディアデラノビア・シーザリオ・アヴェンチュラぐらいでした。その中で、当初はアヴェンチュラを第一候補にしていたのですが、想定よりも馬体が大きすぎたために断念。ここで今年は×取りをする方針を決定しました。

<クラブ内世代トップ10を狙えそう>
05.ディアデラノビアの2016(父キングカメハメハ)
67.ラフォルジュルネの2016(父ハービンジャー)

他にも世代上位を狙える馬はいると思いますが、回収率を意識した上でこの2頭を最終的にピックアップします(グレイトフィーヴァーは採算度外視)。

ディアデラノビアの2016は、体が小さく出た以外は、ほぼ満点をつけられる馬です。一般的なキングカメハメハ産駒のような迫力はありませんが、レイデオロと同じく晩成タイプで成長が見込めるタイプのキングカメハメハ産駒だと見立てています。体が小さくても、堀厩舎であれば、クラシックを断念してでも馬の成長を待ってくれるでしょうし、トータルで見れば回収率・獲得賞金の両面で出資者を裏切らないと思います。古馬になってから重賞を複数勝つイメージなのでPOG向きではないかもしれません。

あと、母親優先で出資できたラフォルジュルネの2016は贔屓目もあるかもしれませんが、厩舎以外は高い得点を与えられると思います。その藤岡厩舎も、近年はジュエラーやビッグアーサーでG1を勝っていますし、厩舎力がないというよりは、ノーザンとの連携が問題なので、ここはノーザンがうまくやって欲しいところ。これまで藤岡厩舎にキャロットクラブから3千万超の馬が預託されるのは初めてですから、厩舎の奮起に期待したいと思います。

かなり嬉しかったのがグレイトフィーヴァーの2016の当選!
自分なりに票読みしていて、かなり分が悪い戦いだと予想していたので、当選の文字を見た瞬間にガッツポーズが出てしまいました(笑)。

この兄姉はラフォルジュルネ、アーデント、ラブラバードとすべてOPまで行ってくれた一族で、思い入れが強かったのですが、ここ最近はあまり馬体に満足いく仔が出てこなかったんですよね。でも今年の仔は期待が高いです。この一族は背中あたりに疲労がたまりやすいのがウィークポイントですが、それがこの仔はむしろ背中に強さがあると思うのでいいと思います。ひさしぶりにOPまで行ってくれると思っています。

その他、出資申込しなかった中では、アヴェンチュラの2016スサーナトウショウの2016は、個人的に気になる部分はあったものの面白い存在だと思います。あと関東馬だと、プリンセスメカリアの2015はブログにも書いた通り、血統構成が理想形なので面白いです。上がG1馬ですし、順調に成長していけば重賞出走クラスまでは行ってくれると思っています(そしてノリちゃんがポツンします。笑)。

最後に毎年恒例の企画を最後にまとめておきます。

<故障のリスクが高そう>
16.アウトオブタイムの2016(父ジャスタウェイ)
18.キューの2016(父ジャスタウェイ)
69.クーデンビーチの2016(父ヴィクトワールピサ)
71.ヴェラブランカの2016(父ノヴェリスト)

いつも書いておりますが、私が馬を見る重要ポイントは「故障リスクが高いか、低いか」であり、その技術向上・検証のためにこのシリーズを書いております。そのため、この結果をご覧になられて気分を害される方もいるかと思いますが、ご容赦頂ければ幸いです。

(文=桜木悟史) @satoshi_style



←他のPOGサイトも見てみる


■こちらの記事も読まれています

【赤本・青本・POGの王道・丸ごとPOGなど】2017-2018 POG本・関連書籍発売日まとめ

2018年度デビュー新種牡馬分析[ジャスタウェイ・ダンカーク・トーセンジョーダン]


1件のコメント

  1. まずは、出資確定おめでとうございます。
    出資したい馬がいても、出資抽選に外れちゃったら、
    話になりませんからね。。
    とにかく、おめでとうございます。

    私も、自分に嘘をつかずに、毎年恒例?
    マルティンスターク2016への出資確定しました。
    もう、結果はほとんど求めません。
    この馬に出資できることだけで、私は満足です。

コメントを残す

必須欄は * がついています