POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ロンシャン競馬場のスタンド・コース紹介~凱旋門賞観戦記(3)

| 0件のコメント

2012年に見てきた凱旋門賞の時の話をベースに今年、現地に向かう人の参考になればと思い、観戦記を何回かにわたって書いていきたいと思います

■第3回
ロンシャン競馬場のスタンド・コース紹介

ロンシャン競馬場というと、凱旋門賞を連想する人が多いでしょうが、個人的には、やはりムーラン・ド・ロンシャン賞です。かつて2003年にローエングリンが2着になったあのレースですね。

このムーラン・ド・ロンシャン賞の名前の由来にもなっているのが、この風車です。
ムーラン(moulin)は風車という意味です。

さて、スタンドやコースを見ていきましょう。

longchamps_5

longchamps_6

longchamps_7

しっかりと郊外にあることもあって、周りに高い建物が一切ないので、空が広く感じられるいいコースですね!

スタンド席についてですが、一般席は1階席と2階席があるようです。
当然といえば当然ですが、フランスには物を置いて席取りをするという文化はありませんので、気をつけましょう。

筆者一行は、運が良かったこともあり、スタンド席の2階で観戦することができました。
2階席は、席と席の間隔が狭いのですが、席のすぐ後ろに馬券を買うスペースがあり、馬券を買いながら観戦するにはオススメです。

longchamps_8
▲2階スタンドからはこのように観戦できます

あと写真では、とても晴れていますが、この時期のパリはとても雨が落ちることもあり、1階だと雨にあたる可能性もありますが、2階ならその心配はほとんどなさそうです。

※実際、この凱旋門賞の翌日は1日中、ずっと雨が降っていました

あと、ロンシャンはレースのゴール地点は、なんと3つあり、直線1000mのコースにいたっては、
向こう正面の右端(3角)からスタートして、そのまま向こう正面の左端でゴールをしてしまうので、凱旋門賞以外のレースを楽しむなら、高い場所からの観戦も検討していいでしょう。

あと、内馬場にも観戦スペースがあったのですが、そこへの入り方はちょっとわかりませんでした。

次は、パドックや馬券の買い方の話などをしようと思います!
どうぞお楽しみに (^^)

(取材=桜木悟史) @satoshi_style

次の記事を読む→コチラ





コメントを残す

必須欄は * がついています