POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

【雑感記事】オルフェーヴル産駒は牝馬優勢?などの疑問を考察する

| 0件のコメント

先週のアルテミスSをオルフェーヴル産駒のラッキーライラックが勝利。これでオルフェーヴル産駒は札幌2歳Sを制したロックディスタウンに続いて2頭目の重賞ウイナーを輩出しました。

そこで、まだ十分なサンプル数は揃っていないものの、後学のために現時点の雑感を記しておきます。

オルフェーヴル産駒は現時点で中央では5頭が勝ち上がり。そのうち2頭が重賞勝ちですからなかなかインパクトのあるデビューです。

さて、最初の疑問。
オルフェーヴル産駒はフィリーサイアー、つまり牝馬優勢の種牡馬なのか?

勝ち上がった5頭の内訳は【牡馬3頭 牝馬2頭】。決して牝馬ばかりが走っているとは言い切れません。牡馬の3頭のうち、クリノクーニングを除く2頭はまだ上のクラスで出走していないので(今週末にレゲンダアウレアがきんもくせい特別に出走予定)、この先、牡馬も活躍してくればフィリーサイアーとは言えなくなる可能性もあります。

まとめると、

■現時点の仮説
1:オルフェーヴル産駒は牝馬に当たりが多い
2:牝馬のほうが仕上がりが早く、牝馬のほうが早く結果が出ただけ

のどちらかではないかという見方をしておきます。

次に好走条件について。これは明確に【パワーを要する馬場が合う】ということが言えるかと思います。

クリノクーニングは函館で新馬勝ち、ロックディスタウンは札幌2歳S勝ち、そしてラッキーライラックのアルテミスSやサトノテラスの未勝利勝ちは東京の芝の良馬場でしたが、実際の馬場はそれまでに雨が降って水分を含んでいる馬場でした。このあたりは後でデータだけで振り返ると見逃しがちなので忘れないでおきたいところ。もちろん、ロックディスタウンの新馬戦のように良馬場のキレ勝負でも能力で圧倒するケースはありますが、上のクラスにいけばいくほど父オルフェーヴルのようにパワフルな馬場のほうが他馬を圧倒できるイメージです。

■Point!
オルフェーヴル産駒はパワーを要する馬場で本領発揮

ちなみに上記の5頭はすべて芝のレースで勝ち上がり。地方ではまだ1頭しか勝ち上がっておらず、このあたりは祖父ステイゴールドからの流れで基本的には芝向きな馬が多そうだと言えます。

さて、最後に血統・配合・性別傾向の話。

これは【ステイゴールドと似ている点・似ていない点】に分けられます。

まず先に似ていない点から。これは筆者がキャロットクラブの募集馬評価にもよく書いている内容ですが「ステイゴールド産駒の牝馬は評価下げ」という話で、ステイゴールド産駒の牝馬は気性面の問題もあってか安定しない部分があります。

それに対してオルフェーヴル産駒は現時点で牝馬が大活躍。この点は対照的とも言えます。

ただしステイゴールド産駒の牝馬といえば、レッドリヴェールやキャットコイン、ココロノアイなど3歳春までは活躍するも、そのあと鳴かず飛ばずとなったパターンもあるので、ロックディスタウンやラッキーライラックの今後の活躍次第で「やっぱりステイゴールド系か…」となるのか、それともステイゴールドとは異なる進化を見せてくれるか注目しておきたい点です。

次に似ている点。ステイゴールド産駒の配合のポイントのひとつに【母系がミスプロ系だと牡馬は大成しない】というルールがあります。

牝馬はミスプロ系との配合で、ウインプリメーラ・アドマイヤリード・アルコセニョーラなどの重賞級を輩出。しかし牡馬はそれに匹敵する活躍馬はほとんどいません。そして、面白いのはロックディスタウンもラッキーライラックも母系にミスプロを持っている点で共通。このあたりのルールはそのままオルフェーヴル産駒にも適用できるルールだと言えそうです。

■Point!
母系にミスプロを持つオルフェーヴル産駒の牝馬に注目!

ただ単にミスプロであればいいという訳ではなく、北米系の軽くてスピードのあるダートっぽいミスプロが良さそう。イメージとしてわかりやすいのはフォーティナイナーのような血。ラッキーライラックも、ステイゴールド産駒のウインプリメーラもフォーティナイナーの血を含んでいます。オルフェーヴル自身がパワフルなタイプだったので、ミスプロのスピードで中和してあげるイメージの配合です。

逆にKingmamboやキングカメハメハのようなタフな血を含むミスプロは微妙で、この点も合わせて覚えておくといいでしょう。

あとミスプロの血を共に2頭に共通しているのは【ナスキロ(ボルキロ)の血を内包している】点で、このパターンはステイゴールド産駒のアドマイヤリードやアルコセニョーラも同様です(Rivermanで共通)。このあたりのポイントも来年以降、検証しておきたいポイントと言えそうです。

<おまけ>
オルーフェーヴル産駒 注目1歳馬リスト

コスモチェーロの2016(母父Fusaichi Pegasus)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016100238/
生産者:コスモヴューファーム
馬主:ウインレーシング
厩舎:美浦・上原博之
メモ:半兄ウインマーレライ。母父ミスプロ系。5代目にボルキロのEnvoy。キャットコイン(ステゴ)→ロックディスタウン(オルフェ)で成功しており、半兄ウインヴォラーレ(ステイゴール)が3勝をあげており配合の確度は高そう。

サクラサクⅡの2016(母父デインヒル)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016105020/
生産者:社台ファーム
馬主:グリーンファーム
厩舎:栗東・橋口慎介
メモ:半姉エバーブロッサム。母母方3代目にフォーティナイナー。ただし半姉はディープインパクト産駒。「ディープで成功した繁殖はステイゴールド系だと成功しにくい」傾向は気になる。

ヒシエトワール(母父Minardi)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016104621/
生産者:ノーザンファーム
馬主:阿部雅英
厩舎:美浦・木村哲也
メモ:母マイスウィートベイビーは伊1000ギニー(8F)勝ち馬。ステイゴールド産駒の半姉は未勝利引退も最後の1戦は素質を見せており順調なら。4代目にミスプロ。

ラッドルチェンドの2016(母父Danehill Dancer)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016104652/
生産者:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング
厩舎:栗東・平田修
メモ:2代母ラヴズオンリーミー、叔父リアルスティール。4代目にミスプロ、5代目にSecretariat。サクラサクⅡ同様、ディープインパクトで成功している点は気がかり。

リングジアラームの2016(母父スウェプトオーヴァーボード)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016104334/
生産者:追分ファーム
馬主:サンデーレーシング
厩舎:栗東・橋口慎介
メモ:4代目にフォーティナイナー。「父ステイゴールド+母父スウェプトオーヴァーボード」の組み合わせは勝ち上がり率100%で相性は悪くない。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

バックナンバーはコチラ




←他のPOGサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています