POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

【フリスタPOG】藤沢和雄厩舎が好調!れいじろうさん指名のゴーフォザサミットがOP入り!

| 0件のコメント

POG20171105_1
POG20171105_2




【特別ルールのご案内】
9~12月の間、自分の指名馬の中から未出走馬を選び、他の方が指名していない未デビュー馬1頭と交換できます。交換指名は以下の掲示板でお願いいたします。
http://9318.teacup.com/furisuta/bbs?
【交換履歴】
ローレライさん:母セレブリティ(アイコン)→ ステラーインパクト(母トップライナーⅡ)
たっくんさん:母マンハッタンセレブ(アンドレアス)→ ユーキャンスマイル(母ムードインディゴ)
―――――――――――――――――――――――

まず先週末は東西で2歳重賞がありましたが、当POG的には大きな変動は無し。

注目は東の重賞・京王杯2歳Sを制したタワーオブロンドン。当POGではダーレーを積極的に指名するプレイヤーの方もおられますが、さすがにこの馬の指名は難しかったかもしれません。前走レース後にはルメール騎手が「ロードカナロアを彷彿とさせる」という旨のコメントを残しており、この馬は今年のPOGの台風の目になるかもしれません。

今年は中内田厩舎の躍進が目立ちますが、藤沢和雄厩舎も好調。日曜の百日草特別をゴーフォザサミットが勝利。個人的には指名リストに入れていたナスノシンフォニー(2着)を「直線が長くなればもっと力を出せるだろう」と応援していましたが、それを上回るゴーフォザサミットの力に驚きました。

これはこれまでPOGをやってきた経験則なのですが、ダービーを獲った厩舎は翌年度のシーズンで苦戦する傾向があり、そのジンクスで今年の藤沢厩舎は苦戦するかもしれないという見立てもありましたが、名門厩舎には関係なかったようです(このあたりがレイエンダを2位指名に下げた理由だったりします)。このあとにも良馬場での巻き返しを図るフラットレーや、オブセッションなども控えてますし(もちろんレイエンダも!)、今年も藤沢和雄厩舎からは目が離せません!

▼全参加者の指名馬一覧
http://freestylefarm.sengoku-jidai.com/horselist_17.htm

←他のPOGサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています