POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

【ジャパンカップ】キタサンブラック・レイデオロに対する見解

| 0件のコメント

これまで何度かレイデオロが出走するレースについて記事を書いてきましたが、今回の相手は王者キタサンブラック。いろいろシミュレートしましたが、今回に関しては勝てる確信には至りません。ただ、レイデオロが勝つために必要な展開・条件は見えています。

■キタサンブラック攻略法

まずキタサンブラックが自分の力を発揮しづらい条件について考えます。キタサンブラックが軌道に乗り始めた昨年秋以降に敗戦を喫したレースは2つあります。それが昨年の有馬記念と、今年の宝塚記念です。

今年の宝塚については、春G13連戦で体調が戻り切らなかったことが敗因とされていますが、それ以外に有馬記念との共通項があります。それは「3角でプレッシャーを受けている」という点。

有馬記念では、サトノダイヤモンドならびにサトノノブレスのチームプレイにより3角付近で力み、宝塚記念ではサトノクラウン騎乗のデムーロ騎手の絶妙なプレッシャーによって敗戦を喫しています。キタサンブラックは単純な逃げ馬ではありませんが、本質的には自分のペースを守って力を発揮するタイプですから、3角あたりで息を入れさせないことに、負かすためのヒントがあるように思えます。

そこで「自ら動いて、前にプレッシャーをかけられる馬」はキタサンブラックを負かす可能性を秘めていると言えます。そんな馬がいるか? それがずばりレイデオロなわけです。

ダービーでは向こう正面で動いて先頭マイスタイルのすぐ後ろにつけて、横山典弘騎手の変態的なスローペースを乱し、自ら勝利をもぎとったことは皆さんも覚えていることでしょう。

休み明け2戦目なので今回キタサンブラックはきちんとゲートを決めて前のほうにいくでしょう。そのキタサンブラックに対して、3角で一度プレッシャーをかけることができるかどうか?

ここがキタサンブラックを負かすためのターニングポイントになるでしょう。

私のイメージとしては、神戸新聞杯の展開で、前にいる武豊(ダンビュライト)に対して、一度、3角で横につけるぐらいの積極性が加われば、レイデオロがキタサンブラックを上回る可能性が出てくると思います。

あとルメール騎手は武豊騎手が作り出すペースに絶対的な信頼を置いています。この点は大きなポイントです。上記の神戸新聞杯ではルメール騎手はダンビュライトのすぐ後ろにつけていますし、昨年の有馬記念でも似たような乗り方をしています。ですから「キタサンブラックを倒す最右翼はレイデオロ」という大衆心理(2番人気が濃厚)はあながち的外れな感覚ではないと思います。

ただし懸念点となるなのは武豊騎手の右膝の状態。仮にこれが万全でなく、馬を抑えきれず、キタサンブラックが間違って60秒を切るようなペースになってしまった場合はこの記事に書いている予想はすべて破綻します。その時点で私の馬券は紙くずになると思います。

今回はレイデオロ出資者の視点でお話ししていますが、馬の資質という意味では最近スタートが安定してきたサトノクラウンも同様のことをすればキタサンブラックを負かすことが可能のはずです(鞍上がそういう作戦をとるかはさておき)。

■枠順・展開

さて、枠順が出ましたが、ポイントはレイデオロ(サトノクラウン)がキタサンブラックにプレッシャーをかけられるかどうかです。

キタサンブラックが2枠4番、レイデオロは1枠2番とともに良い枠に入りました。一方、サトノクラウンは自らプレッシャーをかけにいくには少し難しい枠になったように思えます。サトノクラウンが勝つには他の馬の補助が必要でしょう。

レイデオロに関しては、欲をいえばキタサンブラックの外からプレッシャーをかける競馬が理想なので、枠が逆だったら理想的だったと思いますが、それでもここ10年で最も連対率・複勝率がいい1枠ですから悪い枠ではありません。あとはゲートをきちんと出るかどうか。神戸新聞杯並みの好スタートを切れれば高い確率で1着になれます。逆に皐月賞ぐらいに出遅れれば勝てる確率はかなり低いでしょう。そのあたりはルメール騎手も把握していますし、なんとか良いスタートを切ってもらいたいと思います。

展開は3番枠に入ったギニョールが逃げる可能性もありますが、キタサンブラックにまったく影響は与えないでしょう。昨年の有馬記念でのマルターズアポジーの大逃げも一切気にしなかったですし、何番手でも競馬ができるのがキタサンブラックの強み。キタサンブラックは再度、出遅れない限り、力を出し切れる枠・隊列になるはずです。

イメージとしては、キタサンブラックが内ラチ沿いの1~3番手で、レイデオロがそのすぐ後ろか、1頭挟んでキタサンブラックをマークできる位置。3角でプレッシャーをかけられるかどうかはレイデオロの外にどんな馬がいるか次第。候補としては、ディサイファ・ソウルスターリング・シャケトラあたりでしょうか。

ここでポイントになるかもしれないのがソウルスターリング。藤沢調教師はCデムーロ騎手にこれまでのレース映像での勉強と「エンジンのかかりが遅いのでそれを考慮した乗り方」を注文するそうです。ですから、今回は早めに仕掛ける競馬をしてくる可能師があり、仮にレイデオロが内で動けない場合はソウルスターリングがプレッシャーにかけに行く可能性もあります。藤沢厩舎2騎でのチームプレイも考慮に入れておいてもよいかもしれません。

レイデオロはキタサンブラックをマークできる5番手前後ならチャンスあり、新馬戦やホープフルSのように狭いところを抜けてくるのも得意なので、直線、内側か外側にスペースがあればいい勝負に持ち込めるでしょう。

■結論

◎レイデオロ
〇ソウルスターリング
▲サトノクラウン
注キタサンブラック
△シュヴァルグラン
△イキートス

◎については毎回のことなので説明はしません。ただ2歳戦の時から書いていますが、レイデオロは重馬場だと足が滑りやすいので週末、晴れ予報の今回、大崩れは考えにくいとみます。

〇はサトノクラウンでも良かったのですが、ソウルスターリングにしました。とにかく調教の走りがいいですね。ソウルスターリングに関しては、夏の休養中に体調を崩しており、一時、毎日王冠の出走が危ぶまれていたぐらいですから、むしろここにきて体調が上がってきているように感じます。もしかすると寒い時期が得意なタイプかもしれません。

あと、これはあまり真に受けないほうがいい考え方なのですが、ここ数週の3歳馬の活躍で3歳世代の活躍に注目が集まっています。私自身はスワーヴリチャードやペルシアンナイトの勝利はまったくレイデオロが勝つ根拠にはならないと考えますが(キタサンブラックやサトノクラウンに先着している3歳馬がいれば少しは参考になりますが)、ただ勝負の世界の流れとして仮にレイデオロが勝って「世代交代!」と銘打つような結果になるとすれば、同じく3歳馬のソウルスターリングを連れてきて、それを一層印象づける結果になりそうな気がしています。レイデオロが優勝争いをするという前提のもとソウルスターリングの印を上げました。

以下、天皇賞1,2着の▲注は押さえますが、どうも武豊騎手の状態に対する不安が払拭できないのでキタサンブラックには絶対的な信頼は置かないことにしました。下手すると4着以内に沈むイメージもあります。今回は2頭軸などの作戦はとらない予定です(そういった馬券の作戦をとるとしても軸の片方はソウルスターリングか、サトノクラウンにします)。

連下候補は、左回りでこそのハーツクライ産駒シュヴァルグラン。ただしボウマン騎手はJRAのG1で馬券圏内に来たことがないので薄めの評価とします。

あと伏兵でイキートス。去年のジャパンカップでは、内を突いたとはいえシュヴァルグランと同じ34.4(上がり2位)を使って7着。3着とは0.1差で、最後の攻防で名前を呼ばれるほどの好走を見せました。

この馬には血統的に日本の馬場を走れる背景があります。2代父In the WingsはジャパンCの勝ち馬シングスピールを輩出、このIn the Wings-シングスピールの系譜からはローエングリンやアサクサデンエン、そしてロゴタイプが生まれており、鈍重なSadler’s Wells系にあって珍しい「日本の馬場(特に東京)を走れてしまう」タイプの父系です。

昨年のレースを振り返ると、ゲートでかなりごねており、初めてであろう大観衆の前でのスタートに興奮してしまい、スタートは出遅れ気味。仕方なく後方からの競馬を強いられましたが、この部分に慣れが見込めるなら去年より前進は可能。今度は3着に食い込む可能性もありそうです。

馬券はとりあえず3連単フォーメーション◎→〇▲注→〇▲注△の12点。
あと、◎〇の藤沢厩舎どんぶりの馬連かワイドは押さえる予定です。

挑む壁は高いですが、レイデオロには頑張ってもらいたいと思います。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

バックナンバーはコチラ




←他のPOGサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています