POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

凱旋門賞のグッズを手に入れよう!~凱旋門賞観戦記(7)

| 0件のコメント

2012年に見てきた凱旋門賞の時の話をベースに今年、現地に向かう人の参考になればと思い、観戦記を何回かにわたって書いてきましたが、いよいよ今回で最終回となります。

■第7回
凱旋門賞のグッズを手に入れよう!

さて、凱旋門賞まで見に行ったのなら、記念グッズが欲しいですよね!
そこで、今日は現地で売っているグッズを紹介していきたいと思います。

まず、手に入れておきたいのは、公式ガイドブックではないでしょうか。

Orfevre_guidebook

しっかりした造りなのに、5ユーロ(約500円)と安い!!(注:レートは当時のもの)そして、皆さん、お気づきでしょうが、なんと表紙を飾っていたのはオルフェ-ヴル

ただ、これはオルフェーヴルが最有力だから、というわけではなさそうです。どうやら、フランスへ遠征しての参戦となる馬の中で、出走の可能性が一番高かったオルフェーヴルが選ばれたという印象です。
表紙を飾っている他の馬は、左から(おそらく)ナサニエル・スノーフェアリー・デインドリーム・キャメロット

そのうち3頭が出走を回避していたわけで、日本の競馬に慣れているとなかなかその感覚はわかりませんが、登録していた馬が直前で回避することも珍しくありません。

そういう事情もあり、凱旋門賞においては日本のJRAが売っているような個別の馬に関するグッズは、ほとんどありません。しいて言えば、競馬場の外の露天商が非公式の馬名入りマフラータオルなどを売っているぐらいです。

なおオフィシャルブックの中身ですが、どちらかといえば馬に関する内容というよりは、騎手と調教師などにフォーカスした内容となっています。

そして、お土産も見ていきましょう。

magcup

今回、筆者が買ったのはマグカップ。値段は12ユーロ、1200~1500円といったところ。

そのほかにも、ネクタイやら、シャツやら、帽子などが売られてますが、なぜかFRANCE GALLOP(フランスの競馬会)のロゴが入ってるのに、凱旋門賞のロゴ(写真のマグカップに印刷されてるもの)がない商品も多く、凱旋門賞の想い出となるお土産が少ないのが難点です。さらに付け加えると、手頃な値段で買えるお土産はやや少なめです。

やはり、日本馬の勝利が最高のお土産となりそうです。
オルフェーヴルとキズナには頑張って欲しいですね!

(取材=桜木悟史) @satoshi_style

凱旋門賞の記事一覧はコチラ





コメントを残す

必須欄は * がついています