POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

2017年調教師データ分析:古賀慎明厩舎(美浦)

| 0件のコメント

古賀慎明厩舎(美浦)

■2017年度成績
23-32-14-25-9-138

2017年リーディング:42位 (※2016年61位)
特別レース勝利数:5

勝率: .095
連対率: .228
複勝率: .286

馬房数:20

1馬房あたり平均出走数:12.05
1馬房あたり平均賞金額:16,840千円
1出走あたり平均賞金額:1,397千円
※馬房数は2017年3月末日時点

2017年2歳新馬・未勝利成績:33戦2勝 (勝率.060)

■依頼騎手ベスト5
1位:内田博幸 55鞍(7勝)
2位:北村宏司 48鞍(4勝)
3位:戸崎圭太 11鞍(3勝)
4位:ルメール 11鞍(2勝)
5位:大野拓弥 8鞍(2勝)

■分析
2016年度の圏外(101位以下)から42位まで巻き返してきた古賀慎明厩舎。

申し訳ありませんが、前年度までのデータを集計していないので、この飛躍の理由はわからないのですが、強いてデータ面で強みをあげるなら勝率~複勝率の高さで、この順位帯としては優秀な数値となっています。

ほとんどのデータが平均的に良くも悪くも特徴はないものの、2018年も3月終了時点でリーディング12位と好調。2018年以降、成績をあげて注目の厩舎となっていく可能性はありそうです。

レース選択では関西での出走はかなり少なめ。原則、準OP以上のクラスでしか関西のレースには出走させないような傾向があります。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

←他のPOGサイトも見てみる

他の調教師データは コチラ
※本ブログで紹介するデータは独自の集計をしており、一部公式データと異なる部分がございます。あらかじめご了承ください。






コメントを残す

必須欄は * がついています