POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

レッツゴードンキの血統から考察するキングカメハメハ産駒の成功パターン

| 0件のコメント

先日の桜花賞ではこれまで善戦続きだったレッツゴードンキが勝利を挙げた。ルージュバックの大敗で意外な結果となったが、血統的に見ると納得のいく結果だ。

桜花賞はかなり血統的な偏りが出ているレースで、ここ4年連続でディープインパクト産駒が勝利、そして今年と5年前はキングカメハメハ産駒が勝利。この2頭は近年、リーディング1,2位を分け合っている2頭であり、「阪神マイルコースは超王道な血統のために造られたコース」と言ってもいいほど。ちなみに昨年の牡牝の2歳G1もディープインパクト産駒が勝利しており、この傾向は否定できない。

さて今年の桜花賞を振り返ると1着がキングカメハメハ産駒で、2・3着がディープインパクト産駒と、やはりこれまでの傾向通りの決着。あくまでも結果論ではあるが、馬券であればこのあたりの血統をボックスで買っていれば当たっていたわけだ。しかしPOGや一口馬主の場合には、競合との取り合いになることも多く、とりわけディープインパクト産駒はその傾向が熾烈になる。そこで今回の記事ではもう1頭のキングカメハメハ産駒に注目した。

■キングカメハメハ産駒の特徴

キングカメハメハ産駒のこれまでの活躍馬を分析すると、面白い傾向が見られた。まず今回は「キングカメハメハ産駒」「牝馬」「マイル重賞での実績」という観点で活躍馬を抽出してみた。すると血統的にある共通項が見られた。

主な該当馬は以下の通り。

アパパネ(桜花賞1着)
エーシンリターンズ(桜花賞3着)
ショウリュウムーン(チューリップ賞1着)
アドマイヤセプター(フェアリーS3着)
ケイアイエレガント(京都牝馬S1着)

これらの馬に共通するのは「Northern Dancerの3重クロス」を持っているという点だ。正しく言えば、キングカメハメハ自体が5代目にNorthern Dancerの5×5を持っているので、母系に1つ Northern Dancer の血が入ると能力が強化されるという仮説が立てられるのである。

そして上記の5頭のうち、エーシンリターンズ以外は Northern Dancer の5×5×5という同じ血量で配合されている。そして今回、桜花賞を勝利したレッツゴードンキもまたこのパターンに当てはまる(エーシンリターンズは5×5×4)。


■ノーザンダンサーの3重クロスの効果

私自身は配合の専門家ではないのでこれが血統的にどのようなプラスがあるのかまでは推測しかできないが、キングカメハメハ産駒の他の獲得賞金上位の牝馬が見事にマイル以外の距離で結果が出していることを考えると「マイル適性の強化=持久力を中心とした総合的な能力の押し上げ」をもたらすという推測はできる。実際、これらの馬は今回のレッツゴードンキを含めても「先行して持ち味を発揮するタイプ」であり、外回りコースといっても先行馬にもチャンスがある阪神マイルコースは合うのだろう。そして、あとは当日の馬場状態次第であり、瞬発力を活かせる差し馬場であればディープインパクト産駒、今回のように週中の雨が残ってパワーを要求されればキングカメハメハ産駒に有利になるという訳である。

ちなみに今週行なわれたもう1つのマイル重賞で勝利したヤマカツエースは牡馬ではあるが、キングカメハメハ産駒であり、そして Nothern Dancerの5×5×5を持っている。やはり馬場状態は重要なカギと見ていいだろう。

ぜひこれからキングカメハ産駒の牝馬をPOGや一口馬主で選ぶ際にはこの配合に注目してみて欲しい。

■参考データ

今年デビュー予定の中でキングカメハメハ産駒の牝馬でNothern Dancerの5×5×5の配合を持った馬を一部紹介しておく。今後、機会があればこれらの競走馬の能力などを検証してみたい。

アイシーサイレンスの2013(馬名ショウナンハウメア、半姉にアペリティフ)
アルティマトゥーレの2013(馬名アルティマチャーム、社台RH)
エーシンシルビアの2013(近親にエーシンリターンズ)
コロンバスサークルの2013(馬名ヘラルドスクエア、G1レーシング)
サクセスビューティの2013(馬名サンマリオン、半兄にサクセスブロッケン)
シーズオールエルティッシュの2013(馬名エルビッシュ、ノーザンファーム生産)
シルバートレインの2013(馬名アオイプリンセス、近親にピンクカメオ)
セントルイスガールの2013(半兄に6勝をあげたエーシンミズーリ)
ソリッドプラチナムの2013(馬名スティルウォーター、ユニオンオーナーズ)
タガノエリザベートの2013(馬名エディンバラ、母はファンタジーS勝ち馬)
デインスカヤの2013(馬名セブンスセンス、半兄にシックスセンス、G1レーシング)
ブロードストリートの2013(母はローズS勝ち馬)
ライラプスの2013(馬名ライラムーン、全姉はプロクリス、サンデーR)
レクレドールの2013(馬名ルフォール、半兄はベルーフ、サンデーR)
ローズバドの2013(馬名ロゼリーナ、全兄はローズキングダム、シルクHC)

これらの中から、マイルに適した体型の馬を見つけていくことで、アパパネやレッツゴードンキのような未来の桜花賞馬を発掘できるかもしれない。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

バックナンバーはコチラ


コメントを残す

必須欄は * がついています