POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ユールフェストの2017(父ジャスタウェイ)評価【キャロットクラブ募集番号32】

| 0件のコメント

当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する回収率を重視(目標200%)
・クラブ内世代トップ10入りを目指せるか?
・重賞出走を目指せるレベルか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・出生時の母年齢
・DVDでの動き(故障・怪我のリスク)
・厩舎力、厩舎の方針、厩舎データ


ユールフェストの2017

ユールフェストの2017

父:ジャスタウェイ
母:ユールフェスト (8歳)
母父:More Than Ready

5代目までのクロス:Halo 4×4

牝馬

募集金額:1,800万円
預託予定:美浦・和田勇介厩舎

この夏にデビューしたジャスタウェイ産駒は好調。あくまでも現時点のデータですが、賞金上位の配合のパターンで目につくのは以下の2つの配合パターン。

1:母方にミスプロ 例:アウィルアウェイ・ラブミーファイン
2:母方にChief’s Crown 例:ラブミーファイン・ヴェロックス

本馬は1のパターンに該当。この配合のポイントは、ジャスタウェイの母系にあるCount Fleetと、ミスプロの母Gold Diggerが持つCount Fleetがクロスになるので、これが機能しているという仮説。

加えて本馬は機動力を高めるHaloのクロスを持っており、函館2歳Sを2着に逃げ粘ったラブミーファインと共通で、配合のイメージとしては「スピード色豊かな配合」と言えます。

ラブミーファインは函館2歳Sのイメージが強いですが、デビュー戦は函館の1800m戦で勝利。おそらくこの配合は東京や阪神など底力が要求されるマイルだとやや厳しいが、中山やローカルであればマイルならぎりぎり通用するのではないか? と予想します。

ユールフェストの繁殖能力が未知数だけに高い評価はしづらいですが、牝馬でスピードのある馬であれば路線に困るということはないので、うまくいけば3勝、OP入りあたりは目指せても不思議ではありません。値段もリーズナズルですし、1,000万円台の募集馬の中から選ぶならこの馬かなと思います。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※母名の横の( )内の数字は本馬出生時の母馬年齢
※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2017年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2017



←他のサイトも見てみる



コメントを残す

必須欄は * がついています