POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

スペクトロライトの2017(父マジェスティックウォリアー)評価【キャロットクラブ募集番号77】

| 0件のコメント

当シリーズを初めてご覧になられる方はまず こちら に目を通して頂けると幸いです

<出資馬選びの方向性>
・募集価格に対する回収率を重視(目標200%)
・クラブ内世代トップ10入りを目指せるか?
・重賞出走を目指せるレベルか?

<主な分析ファクター>
・血統・配合、種牡馬傾向、性別傾向
・出生時の母年齢
・DVDでの動き(故障・怪我のリスク)
・厩舎力、厩舎の方針、厩舎データ


スペクトロライトの2017

スペクトロライトの2017

父:マジェスティックウォリアー
母:スペクトロライト(10歳)
母父:ディープインパクト

5代目までのクロス:Secretariat 4×5, Buckpasser 5×5

牡馬

募集金額:2,000万円
預託予定:栗東・高野友和厩舎

スペクトロライトに関してはノーザンファームが実験をしているように感じます。

まず母父のディープインパクトはあまりA.P.Indy系と相性がいいとは言えません。加えて、本馬の下はアジアエクスプレスを種付け。母はダートで2勝をあげており、ノーザンファームがディープの血を持つダート馬をつくろうとしている、そんな意図が見え隠れしています。

このノーザンファームの挑戦がうまく成功すれば、本馬も活躍するかもしれません。その挑戦に賛同できるのであれば、出資を検討されてもいいのかなと思います。

ただ筆者のマジェスティックウォリアー産駒の配合に対する考え方は「ごりごりにボルキロの血を重ねている種牡馬なので、母系に薄く1本だけボルキロが入る形がちょうどいい」というもの。

マジェスティックウォリアー産駒は本記事執筆時点で2頭が勝ち上がっていますが、どちらも5代目にSecretariat(ボルキロ)が入っています。これだけボルキロの血が入っている種牡馬ですから、その良さを増幅させない手はなく、かといっても濃すぎてもダメなので、5代目に上記のSecretariatやSeattle Slewなどボルキロの血が1個だけ入るような形がちょうどよい配合です。

その点でいえば、本馬は母方にボルキロの血が入っておらず、マジェスティックウォリアーの血が活きるようには見えません。低評価とします。

(文=桜木悟史) @satoshi_style
——————————————

※母名の横の( )内の数字は本馬出生時の母馬年齢
※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます
※写真などはクラブの許可を得て掲載しております

▼2017年産の他の診断も見てみる
http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2017



←他のサイトも見てみる



コメントを残す

必須欄は * がついています