POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

【オールカマー】レイデオロ出資者の見解

| 0件のコメント

週末に中山で行なわれるオールカマーにレイデオロが出走を予定しています。今回もその見解を述べていきます。

■出走経緯

その前にこのレースを選択したことに関して“ひずみ”がある点について最初に述べておく必要があります。今回、レイデオロがオールカマーに出走するにあたり、ベストなレース選択ではないという点を最初に理解しておくべきです。

秋に向けての始動戦としては、札幌記念・京都大賞典・毎日王冠など、他の選択肢があった中でオールカマーを選択したことをどう考えるかで見解は大きく変わってきます。

わざわざ遠征して苦手意識が強い京都は除外するとして、開幕週で器用な競馬が求められ本番までの間隔が狭くなる毎日王冠を選ばないところまでは納得はできます。ただ問題は札幌記念とオールカマーの二択で、オールカマーを選択した経緯です。

答えは簡単にいうと、札幌記念だとルメール騎手が乗れないから。

残された選択肢の中でオールカマーという選択になりました。この“ひずみ”は他の馬にも影響を与えています。それが弟のレイエンダで、本来であれば兄が完勝している神戸新聞杯を使うべきでした。ゴーフォザサミットとの使い分けもあるでしょうが、ゴーフォザサミットをセントライト記念に使って、レイエンダを神戸新聞杯に使うという使い分けもできなくはなかったはずです。

それができなかったのは、レイエンダを神戸新聞杯に使ってしまうと、レイデオロにルメール騎手が乗れなくなってしまうから。このように今秋の藤沢厩舎はルメール騎手の予定に振り回されているのが事実であり、これを前提に予想しなければいけません。

■血統傾向

そしてオールカマーはキングカメハメハ産駒が不振。この点は大きなポイントです。

そもそも中山2200mでキングカメハメハ産駒が不振であるのに加えて、夏を挟んだ休み明けのキングカメハメハ産駒は苦戦するのが通例。先週のセントライト記念にしても、夏に1回使ったレイエンダこそ2着にきましたが、それ以外のキングカメハメハ産駒は馬券に絡めないなど血統の傾向としてもマイナス要素が強いといえます。

■状態

そして、個人的に気になったのは馬体の状態。

1週前のフォトパドックを見ましたが、いつもより皮膚が厚いように見えます。レイデオロは募集当時から皮膚の薄さが目立つ馬だっただけに、今回は状態面に疑問が残ります。

最終追い切りでは、僚馬に先着しており精神面では最低限の仕上がりにはあると思いますが、ルメール騎手が「ズブい面が出てきた」と話しており、これまでと同じ感覚で競馬をすると危ないという危惧はあります。

スブいとコメントしたルメール騎手が返し馬で何を感じ取って、意識的に前のポジションをとるのか、もしくは道中から押し上げる競馬をするのか? が注目ポイントです。

■枠順・展開

枠順に関しては、良い並びになったとみます。

まずポイントとなるのはルメール騎手と武豊騎手の並び。今回はダンビュライトが2番枠、レイデオロが7番枠になりました。昨年のJCでは武騎手のキタサンブラックが外側(4番枠)からスタート直後に内に切れ込み、レイデオロ(2番枠)は進路をカットされ後手に回りました。武騎手のこういうしたたかなところは本当にうまいと思います。

しかし、今回は武騎手が内で、ルメール騎手が外。ルメール騎手は長距離レースになると武豊騎手の動きでペースを判断しているフシがあるので、ダンビュライトを見やすいこの枠の並びはプラスに働くとみます。ちなみに昨年の神戸新聞杯もこの並びでレイデオロに軍配が上がっています。

展開は少し読みづらいですが、2,3枠に入ったダンビュライト・ガンコは変に控えようとすると内に押し込められてしまうリスクがあるので、この枠ならある程度、出していくと予想され、ペースは流れると予想されます。

レイデオロのポジションはゲート次第なので予測不能です。昨年の神戸新聞杯ではポンとゲートを出ましたが、最終追い切りの情報などを見ているとおそらく出遅れ気味になるとみています。

いずれにしてもオールカマーというレースは持久力勝負になりやすく、4角5番手以内の馬に良績が集まるレースなので、ルメール騎手がどれだけ早めに押し上げられるのかがカギになるでしょう。

■結論

◎レイデオロ
〇ガンコ
▲ミライヘノツバサ
☆ダンビュライト

◎レイデオロに関しては、今回は全幅の信頼がおける感じはしないので頭固定にはせず、馬連の軸にします。3着という結果もありうるとみます。

相手選びとしては、オールカマーは日経賞と連動しやすいので日経賞組の2頭。特に▲ミライヘノツバサは中山芝2200mでは無条件に押さえるべきドリームジャーニー産駒なので注意が必要です。

あと日経賞ほど相関性は高くないものの、同舞台のAJCC勝ちの☆ダンビュライトまで。

今回のポイントはアルアインを無印にした点です。本馬のセールスポイントは毎日杯のように早めに脚を使って後続にも脚を使わせる点にありますが、今回の枠の並びだとそれが難しいと予想します。中山芝2200mは多頭数になると1枠の勝率~複勝率が落ちる傾向にあり、かつ今回乗り替わりとなる北村友一騎手は仕掛けが遅い傾向が強い騎手。今回の乗り替わりはマイナスとみます。最後はいい脚を使ってくるかもしれませんが、よくて3着と判断し今回は無印にします。

馬連◎-〇▲☆の3点で、心穏やかに愛馬が無事に帰ってくるのを待つレースにしたいと思います。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

バックナンバーはコチラ




←他のPOGサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています