POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

AlphaさんのコントラチェックがフラワーCを制す

| 0件のコメント

POG20190317_1
POG20190317_2




――――――――――――――――――――――――――――――――――――

AlphaさんコントラチェックがフラワーCを制覇。おめでとうございます!

コントラチェックの母リッチダンサーからは3頭目の重賞勝ち馬の誕生。そしてここまでデビューした8頭の仔のうち4頭が獲得賞金1億円を超えています。これは名牝といってよいでしょう。

ここからは個人的な見解。リッチダンサーの仔はムーンクェイクに代表されるように気性的に少し難しいところがあります。実際、コントラチェックは逃げた3戦は全勝、逆に逃げなかった2戦は敗戦を喫しています。このことからポイントになるのは次走オークスでどの騎手が乗るかではないでしょうか。どの騎手が乗っても東京2400mを逃げ切るというのは至難の業だとは思いますが、個人的な評価でいえば、ルメール騎手はそういう騎乗をそこまで得意としないでしょう。

でも今回の結果を踏まえると同厩のグランアレグリアをNHKマイルCに回して、こちらにルメール騎手に乗ってもらうという采配もありえるかもしれませんね。

フラワーCでは、2着にウメチさんエールヴォアが入線。こちらは出世レース・エリカ賞の勝ち馬です。エリカ賞を勝利した牝馬といえば、アドマイヤグルーヴ・ヴィルシーナと高確率でG1ウイナーとなっており、本馬のその流れに乗ってきそう。とにもかくにも、ここで賞金を加算できたのは大きいでしょう。まだ次走は発表されていませんが、ここで無理をしなければオークスでもいい勝負ができるのではないでしょうか。今年の牝馬戦線のレベルは高いですが、オークスの適性という意味ではこの馬はトップに近いところにいるような気がします。

牡馬戦線では、皐月賞トライアル・若葉Sをれいじろうさんヴェロックスが勝利。こちらもおめでとうございます! 今回、川田騎手は「反応が鈍かった」と言っていますが、それでいてあの完勝っぷりですからね。皐月賞に向けての上積みが大きいでしょうから、こちらも楽しみな1頭です。

それにしてもジャスタウェイ産駒は脚元の癖が強くて、一口的にもPOG的にも選びづらい部分があったかと思いますが、それでいて初年度からこれだけのいい馬を当てる金子真人オーナー。本当におそるべしです。

▼全参加者の指名馬一覧
http://freestylefarm.sengoku-jidai.com/horselist_18.htm

←他のPOGサイトも見てみる


コメントを残す

必須欄は * がついています