POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

新潟大賞典出走のアーデントに対する出資者見解~2000m戦が向かない理由

| 6件のコメント

今週日曜の重賞・新潟大賞典に愛馬アーデント(父ディープインパクト、母グレイトフィーヴァー)が出走する。アーデントについては一部の出資者の間で「マイルは流れが速く先手を取れないから、もっと長い距離を使うべき」という意見が根強くあり、今回、その適性を測ることも兼ねての出走となった。これについて私の意見を述べたい。

結論から言うと、2000m戦は向かない。ただしこれは馬の適性ではないところに大きな問題がある。

なぜ向かないかというと、この馬は昨年冬放送の武豊TVで武豊騎手が話している通り「どこまでのワンペースな馬」である。簡単に言うと、ギアチェンジを何度もできるタイプではない。武豊騎手も言及しているが、一番向かないのはスローペースで流れてからのヨーイドンの競馬である。そして残念ながら日本の2000m以上の中距離ではこういうレースになりがちである。


▲2014年12月20日放送「武豊TV」

この傾向の理由を分析すると、多くは騎手に問題がある。日本の競馬は中距離だとこの傾向がかなり強い。だから並みの騎手がアーデントに騎乗しても先手を取った時点でペースを落とそうとするので中距離は向かない。

残念ながら中距離の競馬で、馬をワンペースで走らせる騎手は非常に少なくなった。かつては佐藤哲三騎手後藤浩輝騎手がこういう競馬を得意をしていたが、今はローカルの小回り以外でこういう競馬をできる騎手はほとんどいない。だからアーデントが2000m以上のレースを使ってもほとんど力は発揮できないというのが私の見解だ。

仮に力を発揮できるとすれば、スタートを決めて、ラチ沿いを走らせて後続を突き放す強気な逃げとなる。ただこれを実行できる騎手もほとんどいないし、アーデントのスタートの遅さを考えると厳しいものがある。それならばスムーズに流れに乗れないとしても、早めにトップギアに入れて押し切れる可能性があるマイル~1800mのほうが競馬はしやすいと考えるべきだろう。

ちなみに土曜日の京都10Rには半弟のラブラバード(父スペシャルウィーク)も出走を予定している。奇しくもこの馬が出走する鴨川特別も2000m戦なのだが、この馬もまた最後の直線で弾けるタイプではなく、道中からポジションを上げていって、そのまま押し切るのが得意なタイプ。

よって2000m戦はあまり向かないが、今回に関しては京都内回りの2000m戦。外回りコースだった前走から前進の可能性はある。そしてこの馬はこの血統には珍しくスタートはいいほうなのだが、馬の気性的に前に壁をつくって脚を溜めた方がいいタイプ。今回は8枠となったが、この枠であれば内の各馬を行かして、自然といいポジションを取れる可能性はある。兄同様、人馬の息が合わないといけない血統なので安定して複勝圏に来るというタイプではないが、今回は勝ちきる可能性が残されたレースではないだろうか。

出資者見解の最終結論

∴日曜新潟11R・新潟大賞典のアーデントは無印評価
∴土曜京都10R・鴨川特別のラブラバードは▲単穴評価(7倍以上で単勝狙い)

※馬券は自己責任でお願いいたします




←他のPOGサイトも見てみる

■最近気になったニュース

夢みるアドレセンスがニコニコ超会議2015の大喜利で見せた溢れるギャグセンス

【浅草開化楼のもちもち麺がポイント!】住吉のラーメン屋「麺や璃宮」で燻玉つけ麺を食べてみた!


6件のコメント

  1. まずは、ラブラバード号優勝おめでとうございます。
    直線、進路を変えずに間を割れれば、と見ていましたが
    2頭の間を割り切る脚がありましたね。
    ここ2走と違い、やはり勝っている騎手、工夫を見せてくれました。
    位置取りもありましたが、初の33秒台の末脚でしたね。
    先行もできますが、勝ち切るには、中団からの立ち回りになるでしょうか。

  2. >黙殺常習犯さん
    お祝いのコメントありがとうございます^^
    先行してもいいのですが、やはり多少我慢させることがポイントみたいですね。このあたりは気分よく行かせないとダメな兄とは違うようです。やっと姉ラフォルジュルネが活躍した準OPまで来ましたのでさらなる活躍を期待したいと思います

  3. アーデント、健闘したんじゃないでしょうか。
    石橋騎手も、スタートからなかなか行けないのはいつもどおりでしたが
    ある意味この馬らしく、じわっとポジションを上げていって、先手を取って
    力を発揮できる騎乗をしてくれたんじゃないでしょうか。
    賞金獲得おめでとうございます。

  4. >黙殺常習犯さん
    健闘どころか大健闘だと思います(笑)
    石橋騎手もできる範囲で後続を突き放して逃げてくれましたし、出資者としては何の文句もありませんね!

  5. ラブラバードの勝利おめでとうございます。川田騎手は前回、外に持ち出して負けた反省を活かしましたね。
    芝2000mでこの勝ち時計なら、小倉記念を目指してもいいのではと思います。

  6. >sea-biscuitさん
    コメントありがとうございます!
    本当はsea-biscuitさんの馬券に貢献できればよかったのですが(^^;;
    松田先生は古馬ではあまり格上挑戦をしないタイプですが、今年は最後の夏ですからね。そういう挑戦があってもいいかもしれませんね。

コメントを残す

必須欄は * がついています