POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ウミラージの2013(ウムブラフ)和田稔夫記者1位指名『週刊Gallop』POGドラフト会議

| 0件のコメント

5/15(金)に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は6/1発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介します。

◎和田稔夫記者 1位指名

ウムブラフ
父:ディープインパクト
母:ウミラージ
牡馬

入厩予定:美浦・堀宣之厩舎



◆会議内でのコメント

順調で夏前に入厩を予定している。1月生まれだが、それを差し引いても立派な馬体をしている。ドゥラメンテで好調の堀厩舎で期待したい(和田)
なかなか2年連続でクラシックを制する厩舎は少ないのでその点がどうか?(板津)
社台ファームで実際に見てきたが、ムーンレディの2013にも見劣りしない好馬体の持ち主(渡辺)

◆情報局の見解

兄姉のサンプルが少ないとは言え、半兄のヴォルケンクラッツ(父マンハッタンカフェ)が3勝をマークしていますから母系のポテンシャルは高そうです。あとは半兄がダートで3勝を挙げていますから、これがディープインパクトに替わってどうかというところでしょうか。個人的には好みの部類の血統構成なので、リストに入れてみたい1頭です。

ただマイナスポイントはやはり「関東所属のディープインパクト産駒」という点でしょうか。昨年は暮れのホープフルSをシャイニングレイ(母シェルズレイ)が勝ったので中山でも勝利できたので、ディープインパクト産駒だからといって中山が苦手だと決め打ちをしてはいけませんが、それでもあの時は同日に行なわれた有馬記念もディープインパクト産駒のジェンティルドンナが勝利するなど、異様なディープ向けの馬場になっていましたので、あの結果を真に受けたくないという印象はあります。

ディープインパクト産駒が得意にしている東京や新潟をメインに使っていくという戦略もありえますが、その戦略をとったアヴニールマルシェ(母ヴィートマルシェ)もローテがうまくいったとは言い難いので、関西馬と比較した場合にはやはり減点材料としたいところです。また和田記者が関東担当の記者であるという点も考慮に入れておくべきでしょう。

(文=桜木悟史)

←他のPOGサイトも見てみる

▼『週刊Gallop丸ごとPOG』も併せてお読みください

丸ごとPOG

週刊Gallop臨時増刊 丸ごとPOG2015-2016
著者:週刊Gallpo編集部
価格:1,650円
Amazonで詳細を見る


コメントを残す

必須欄は * がついています