POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ヴィブロス(ハルーワスウィートの2013)板津雄志記者1位指名『週刊Gallop』POGドラフト会議

| 0件のコメント

5/15(金)に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は6/1発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介します。

◎板津雄志記者 1位指名

ヴィブロス
父:ディープインパクト
母:ハルーワスウィート
牝馬

入厩予定:栗東・友道康夫厩舎



◆会議内でのコメント

半姉のヴィルシーナよりも柔らかみがあるのが特徴。体は小さいが、これは2歳時のヴィルシーナも同じだったのでそこまで心配は必要ない。牧場関係者がいないところで友道調教師に聞いた1頭なので本音でのオススメの1頭のはず

◆情報局の見解

板津記者の1位指名には驚きましたが、筆者もリストに入れている1頭です。
指摘通り、カタログなどで見る限りは線の細さが気になるところですが、この血統は兄のシュヴァルグランにしてもサラブレッドとして理想的なバランスの体型となっているのが魅力的と言えます。この馬は牝馬らしいバネのありそうな体型をしており、マイル前後で力を発揮しそうです。

ただ1つ指摘をしておくと、今回のドラフト会議では板津記者は友道厩舎の馬をあげることが多く、どこまで広く取材をしていたかはやや疑問。なので全体の中でトップクラスという捉え方よりも友道厩舎の中のエース候補という捉え方をするべきだと考えます。

(文=桜木悟史)

←他のPOGサイトも見てみる

▼『週刊Gallop丸ごとPOG』も併せてお読みください

丸ごとPOG

週刊Gallop臨時増刊 丸ごとPOG2015-2016
著者:週刊Gallpo編集部
価格:1,650円
Amazonで詳細を見る


コメントを残す

必須欄は * がついています