POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

レーヴァテイン(レーヴドスカーの2013)板津雄志記者2位指名『週刊Gallop』POGドラフト会議

| 0件のコメント

5/15(金)に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は6/1発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介します。

◎板津雄志記者 2位指名

レーヴァテイン
父:ディープインパクト
母:レーヴドスカー
牡馬

入厩予定:美浦・堀宣之厩舎



◆会議内でのコメント

1つ上のレーヴミストラル(父キングカメハメハ)は走ると思っていなかったが、それが重賞を制するのだからこの血統は優秀。フットワークも軽い。牧場時代に手術を受けているが経過は良好。堀厩舎は少しデビューが遅くなったほうが好成績の傾向がある(板津)
血統・能力で突き抜けてもおかしくないが、順調度に欠けたのでリストからは外した(和田)

◆情報局の見解

この血統の優秀さについては何も語ることはないでしょう。やはり気にしておきたいのはデビュー時期です。現時点でトレセンへの移動が秋から年内と言われていることからデビュー時期は早く見積もっても11月。そして手術で順調度に欠けたことを考慮するとこれよりも遅くなる可能性は頭に入れておきたいところ。

兄レーヴミストラルは年明けに初勝利をあげて、そこから3連勝で重賞制覇。ただこれは理想形すぎるので、2年連続でこのようなことが起こるかというと、個人的にはやや疑問。加えて、この血統は牝馬が仕上がりが早いのに対して、牡馬に出た場合は仕上がりと気性面で初勝利まで時間がかかる傾向があるので、11月以降のデビューとなると不安のほうが強い。

さらに堀厩舎は馬の状態本位でデビュー時期を模索していくタイプの調教師。クラシックが無理だと思えば、すぐに方針転換をしてくるはずで、ダービールールのPOGではひとつ割引をしておきたい。

(文=桜木悟史)

←他のPOGサイトも見てみる

▼『週刊Gallop丸ごとPOG』も併せてお読みください

丸ごとPOG

週刊Gallop臨時増刊 丸ごとPOG2015-2016
著者:週刊Gallpo編集部
価格:1,650円
Amazonで詳細を見る


コメントを残す

必須欄は * がついています