POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

サトノダイヤモンド(マルペンサの2013)渡辺武仁記者2位指名『週刊Gallop』POGドラフト会議

| 0件のコメント

5/15(金)に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は6/1発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介します。

◎渡辺武仁記者 2位指名

サトノダイヤモンド
父:ディープインパクト
母:マルペンサ
牡馬

入厩予定:栗東・池江泰寿厩舎



◆会議内でのコメント

近年、『丸ごとPOG』の巻頭特集馬の成績は振るわないが、この馬はこれまでの馬と比較しても凄い。サトノラーゼン(京都新聞杯)サトノクラウン(弥生賞)を手掛けたノーザンファーム空港の犬伏調教主任が強気になっている。今週、池江調教師が来場し状態を確認。現時点でデビュー時期は未定だが、順調にいけば王道の秋競馬デビューとなる見込み(渡辺)

◆情報局の見解

こういうセールで高額で落札されたタイプの馬の診断は難しいのですが、池江調教師たちに薦められて購入したということで馬体的には素晴らしいのでしょう。
こういう場合は血統をチェックしてみるわけですが、どうもパッとしない印象。まず気になるのはHaloの3×4のクロス。このあたりは気性面に不安が出てくる可能性は考慮に入れておきたいところ。実際、現時点では調教時に精神的な余裕がないようで、実際の競馬に行ってもひとつ1つ学んでいくタイプとなる可能性がありそうです。

さらにもうひとつ、血統表を見た時に「全体的にパワーを支える余地が少ない」ように思える。母マルペンサがダート2000mのG1でも勝利をあげていることを考えれば杞憂に終わるかもしれないが、個人的には渋った馬場で苦労しそうな印象を受ける血統構成。

(文=桜木悟史)

←他のPOGサイトも見てみる

▼『週刊Gallop丸ごとPOG』も併せてお読みください

丸ごとPOG

週刊Gallop臨時増刊 丸ごとPOG2015-2016
著者:週刊Gallpo編集部
価格:1,650円
Amazonで詳細を見る


コメントを残す

必須欄は * がついています