POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

スターオブペルシャ(ターフローズの2013)和田稔夫記者2位指名『週刊Gallop』POGドラフト会議

| 0件のコメント

5/15(金)に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は6/1発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介します。

◎和田稔夫記者 2位指名

スターオブペルシャ
父:ダイワメジャー
母:ターフローズ
牡馬

入厩予定:美浦・藤沢和雄厩舎



◆会議内でのコメント

ロサギガンティア(父フジキセキ)の半弟で、実際に間近で見たが走る馬という印象を受けた。調教は順調に進んでおり、ゲート試験は合格済み。東京の開幕週でのデビューを予定している。鞍上は北村宏騎手を予定。年内は朝日杯FSが目標(和田)
社台ファームでも話題になっている1頭。距離は2000mまで。NHKマイルCが目標か(渡辺)

◆情報局の見解

まず距離に関しては、過去の5年ぐらいのデータを見てもダイワメジャー産駒は芝2000~2200mに低勝率ゾーンが存在するので記者の方々の「距離は2000mまで」というのは説得力のある見解。そうなると皐月賞やダービーでの活躍を願うよりは、東スポ杯・共同通信杯・スプリングS勝ちが目標だと考えたい1頭。

血統的には兄ロサギガンティアの走りなどからすると機動力もあって、ダイワメジャー産駒に時々生まれるズブい馬である確率は低そう。昨年のアヴニールマルシェと同じく6月の東京開催デビューで、新馬戦を勝てば似たようなローテーションになっていきそうです。

(文=桜木悟史)

←他のPOGサイトも見てみる

▼『週刊Gallop丸ごとPOG』も併せてお読みください

丸ごとPOG

週刊Gallop臨時増刊 丸ごとPOG2015-2016
著者:週刊Gallpo編集部
価格:1,650円
Amazonで詳細を見る


コメントを残す

必須欄は * がついています