POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ムーンレディの2013(馬名未決定)和田稔夫記者3位指名『週刊Gallop』POGドラフト会議

| 0件のコメント

5/15(金)に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は6/1発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介します。

◎和田稔夫記者 3位指名

ムーンレディの2013
父:ディープインパクト
母:ムーンレディ
牡馬

入厩予定:美浦・国枝栄厩舎



◆会議内でのコメント

2015年千葉サラブレッドセールの最高値落札馬。現地で見ており、ダノックスとの競り合いを「マツリダ」の冠名で知られる高橋オーナーが1億9千万円で落札。公開調教では外々を回して体力のあるところを見せたが、手ごたえでは劣る。スピードタイプというよりは、パワー・スタミナに長けたタイプ。デビューは秋以降を予定している(和田)

◆情報局の見解

和田記者はこの馬を指名する時にかなり時間を要していました。このドラフト会議当日に1億9千万という高値で落札されたという話題性もあって指名せざるを得なかったというのが実情ではないでしょうか。実際、ドラフト会議の最後の抽選会で千葉サラ関連の賞品を用意していたので、話題にあげておかないとプレゼントを渡しにくかっただろうという穿った見方もしておきます。

メディアではエイシンフラッシュ(父King’s Best)の半弟と取り上げられますが、この馬の全兄にダノンムーンがいます。ダノンムーンは7戦3勝、6回が3着以内と素質の片鱗は見せています。しかし5月17日時点で6歳なのに7戦しか走っていないという体質の弱さも気になるところです。

ここから先は勝手な推理ですが、「近年、仕上がりの早い馬からどんどんデビューさせる傾向が強い社台ファーム」と「毎年、そこまで多くの馬を所有しない高橋オーナー」という2つのキーワードを合わさった時、“息の長い活躍が期待できる晩成傾向の強い仔なのではないか?”という推理はあながち的外れではないような気がします。POG的には微妙だとしても、古馬になっても存在を忘れておきたくない存在と考えます。

(文=桜木悟史)

←他のPOGサイトも見てみる

▼『週刊Gallop丸ごとPOG』も併せてお読みください

丸ごとPOG

週刊Gallop臨時増刊 丸ごとPOG2015-2016
著者:週刊Gallpo編集部
価格:1,650円
Amazonで詳細を見る


コメントを残す

必須欄は * がついています