POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

ココファンタジア(ココシュニックの2013)板津雄志記者4位指名『週刊Gallop』POGドラフト会議

| 0件のコメント

5/15(金)に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は6/1発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介します。

◎板津雄志記者 4位指名

ココファンタジア
父:ステイゴールド
母:ココシュニック
牝馬

入厩予定:栗東・友道康夫厩舎



◆会議内でのコメント

すでに本州まで移動しており、デビューは早くなる。友道調教師に聞いたところ、「即戦力ならこの馬」とのこと。友道厩舎は東京で良い成績を出しており、秋のアルテミスSや来年のクイーンCで期待したい(和田)

◆情報局の見解

昨年までは母父クロフネを過小評価していましたが、昨年の富士Sを制したこの馬の半兄ステファノスや、ホープフルSを制したシャイニングレイ(母シェルズレイ)の活躍を見ると評価を上方修正しなくてはいけないでしょう。
そしてこの馬に関しては今春に引退したアイスフォーリスと同じ父ステイゴールド×母父クロフネの組み合わせですのでポテンシャルとしては重賞級の能力があってもおかしくないはずです。

馬体をみると丸みがあって、バネのありそうな好馬体。ノーザンファームの野崎厩舎長が「距離は1800mぐらいが良さそう」というように、適性距離は1600~1800mあたりになりそう。

あえて気になる点をあげるならば友道厩舎のクラシック実績。これまでのヴィルシーナぐらいしかクラシック活躍馬がおらず、昨年の厩舎のエース・シュヴァルグラン(母ハルーワスウィート)のレース選びのちぐはぐさを考えると、簡単に2勝目をあげるようなポテンシャルが馬にないとクラシック参戦に危うい面もありそうです。

(文=桜木悟史)

←他のPOGサイトも見てみる

▼『週刊Gallop丸ごとPOG』も併せてお読みください

丸ごとPOG

週刊Gallop臨時増刊 丸ごとPOG2015-2016
著者:週刊Gallpo編集部
価格:1,650円
Amazonで詳細を見る


コメントを残す

必須欄は * がついています