POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

カイザーバル(ダンスインザムードの2013)和田稔夫記者5位指名『週刊Gallop』POGドラフト会議

| 0件のコメント

5/15(金)に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は6/1発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介します。

◎和田稔夫記者 5位指名

カイザーバル
父:エンパイアメーカー
母:ダンスインザムード
牝馬

入厩予定:栗東・角居勝彦厩舎



◆会議内でのコメント

社台ファーム・吉田照哉代表へのインタビューの中で最もノリノリで紹介されたのがこの馬。血統は奥手だが、ひさしぶりにいい産駒が誕生したとのこと。姉ダンスファンタジアのような、この一族特有の煩さもない(和田)
エンパイアメーカーがどう出るかわからないが、産地馬体検査でも目を引いた1頭(渡辺)

◆情報局の見解

『丸ごとPOG』ではお馴染みの吉田照哉代表へのインタビューの超ピン。これは昨年の会議でも登場したパターンで、昨年このパターンで指名されたのがコートシャルマン(父ハーツクライ、母コートアウト)でしたが、結果的にはデビューから2連勝を果たすもクラシックには乗れず。このインタビューで「絶対に走る」と言われるようなタイプは逆に疑ってかかるのが読者の間では常識になりつつあります。(当時の見解記事がこちら

さて、この馬についてはどうかというと、超ピンに挙げられた割には発言は控えめ。やはり牧場側もエンパイアメーカーの評価には悩んでいる部分があるのだと思います。それでもこのカイザーバルの1つ下にもエンパイアメーカーをつけていることを考えると、相当にデキは良いと推測できます。

エンパイアメーカーといえば、代表産駒はフェデラリスト(母ダンスパートナー)ですが、ダンスインザムードはダンスパートナーの全妹ですので、フェデラリストとカイザーバルは基本的に血統構成は同じ。直近に2勝目をあげたナムラアン(母アイリッシュピース)も母父サンデーサイレンスなので芝中距離適性は高いとみてよさそうです。

(文=桜木悟史)

←他のPOGサイトも見てみる

▼『週刊Gallop丸ごとPOG』も併せてお読みください

丸ごとPOG

週刊Gallop臨時増刊 丸ごとPOG2015-2016
著者:週刊Gallpo編集部
価格:1,650円
Amazonで詳細を見る


コメントを残す

必須欄は * がついています