POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

エッジースタイル(母ランズエッジ)渡辺武仁記者5位指名『週刊Gallop』POGドラフト会議

| 0件のコメント

5/15(金)に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は6/1発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介します。

◎渡辺武仁記者 5位指名


父:ハービンジャー
母:ランズエッジ
牝馬

入厩予定:栗東・高橋義忠厩舎



◆会議内でのコメント

空港牧場の3本柱の1頭。距離はあったほうがよい。当初は早めの入厩を考えていたが、ここにきて成長期を迎えたようで、さらにじっくり良化させる方針に変わったとのこと(渡辺)

◆情報局の見解

昨年新馬戦を快勝し、暮れの阪神JFでも1番人気(8着)に支持されたロカの全妹。
個人的には人気先行型になっているように感じているのでロカへの評価があまり高くないのですが、関係者の評価は高いようです。やはりポイントになるのはハービンジャー産駒という点です。
ハービンジャー産駒は新馬戦で活躍するも、その後2勝目をあげる馬が少なく、クラシック戦線にはほとんど乗れていないというのが実情。POGという観点で見ると、やや物足りない存在ではあります。ただし新種牡馬は2年目から爆発するケースもありますので、見限るのはまだ早いのかもしれません。

あと馬体の見た印象としては、正直1月生まれにしては物足りない身体をしているのに、紙面には「早期移動もある」というようなことが書かれていたので微妙だと感じていましたが、渡辺記者の取材によればじっくりやる方針に変えたとのことで、この判断はプラスに働くとみます。走るハービンジャー産駒特有の「体を大きく見せるような体つき」に成長した時、牧場の評価通りの走りをしてくるのではないでしょうか。

(文=桜木悟史)

←他のPOGサイトも見てみる

▼『週刊Gallop丸ごとPOG』も併せてお読みください

丸ごとPOG

週刊Gallop臨時増刊 丸ごとPOG2015-2016
著者:週刊Gallpo編集部
価格:1,650円
Amazonで詳細を見る


コメントを残す

必須欄は * がついています