POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

トウショウビクター(スウィープトウショウの2013)板津雄志記者6位指名『週刊Gallop』POGドラフト会議

| 0件のコメント

5/15(金)に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は6/1発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介します。

◎板津雄志記者 6位指名

トウショウビクター
父:ステイゴールド
母:スウィープトウショウ
牡馬

入厩予定:栗東・今野貞一厩舎



◆会議内でのコメント

スウィープトウショウ好きという理由で指名したロマン枠。半兄レガッタ(父ディープインパクト)のような難しさはない。脚がスラっとしていて芝向き。デビューは遅くなる(板津)

◆情報局の見解

昨年、レガッタを指名していたのでわかるのですが、やはりこの血統のカギになるのは気性面となりそうです。レガッタも新馬戦に向かうまで3ヵ月近く、じっくり厩舎で競馬を覚えて新馬戦はインを突くスマートな競馬で勝利。その後もじっくり調整したにもかかわらず、きさらぎ賞・若葉Sでは若さを見せて敗戦。この血統に関してはいつ気性の難しさが表面化してもおかしくないリスクはあります。

(文=桜木悟史)

←他のPOGサイトも見てみる

▼『週刊Gallop丸ごとPOG』も併せてお読みください

丸ごとPOG

週刊Gallop臨時増刊 丸ごとPOG2015-2016
著者:週刊Gallpo編集部
価格:1,650円
Amazonで詳細を見る


コメントを残す

必須欄は * がついています