POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型ベーシックPOG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

クィーンズベスト(ラスティングソングの2013)渡辺武仁記者6位指名『週刊Gallop』POGドラフト会議

| 0件のコメント

5/15(金)に東京・大手町で開催された『週刊Gallop』主催のPOGドラフト会議に参加してきました。そこで入手した情報をお届けしたいと思います(詳しい内容は6/1発売の『週刊Gallop』でもお読み頂けます)。

今回の会議では、『週刊Gallop』の和田稔夫記者、渡辺武仁記者、『サンケイスポーツ』の板津雄志記者の3名が牡馬3頭、牝馬3頭の合計6頭を指名するという形式で行われました。今回はこの3名の記者が指名した馬の情報を紹介します。

◎渡辺武仁記者 6位指名

クィーンズベスト
父:ワークフォース
母:ラスティングソング
牝馬

入厩予定:栗東・大久保龍志厩舎



◆会議内でのコメント

新種牡馬の産駒の中ならこの馬。距離はあったほうがよい。5/8にゲート試験に合格、現在は成長放牧に出されている(渡辺)

◆情報局の見解

2013年のセレクトセールで2,310万円で林正道氏が落札した牝馬ということでデキが良かったのではないでしょうか。私の見立てでは馬体が放つ雰囲気はいいものがあると思うのですが、少しトモの位置が高く、やや前傾姿勢になっているので、もしかするとスタミナに欠ける面はあるかもしれません。

マイナスポイントをあげると、ひとつは厩舎。大久保龍志厩舎はあまり牝馬育成の実績がなく、一口でも極力、避けたいパターンなのでここは注意しておきたい点です。そして、もうひとつはワークフォースの実力です。詳しい解説はここでは避けますが、血統配合的にワークフォースが成功する可能性はそこまで高くないだろうと踏んでいますので、母系のポテンシャルが高いこの馬がどこまでやれるのかを、ワークフォース産駒の今後の判断材料のひとつとしたいところです。

(文=桜木悟史)

←他のPOGサイトも見てみる

▼『週刊Gallop丸ごとPOG』も併せてお読みください

丸ごとPOG

週刊Gallop臨時増刊 丸ごとPOG2015-2016
著者:週刊Gallpo編集部
価格:1,650円
Amazonで詳細を見る


コメントを残す

必須欄は * がついています