POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

2013年9月9日
から poginfo
0件のコメント

ビオンドパンテーラの2012(レオパルディナ)【キャロットクラブ募集番号80】

これまで長年、POGを運営してきた経験や、独自のデータ・傾向分析から競走馬への出資に関する考え方をお伝えします。 <今年の出資馬選びの方向性> 募集価格に対して獲得賞金の回収率を重視 <主な分析ファクター> ・種牡馬傾向、性別による傾向 ・厩舎力、厩舎傾向 ・DVDでの動き(怪我のリスク) —————————————— 父:スニッツェル 母:ビオンドパンテーラ 牝馬 募集価格:1,000万円 予定預託先:高橋康之厩舎 今年のキャロットクラブは地方馬募集にスニッツェル産駒が4頭もいるなど注目しておきたいのがスニッツェル産駒。 スニッツェルの代表産駒といえば、条件戦で地味に1億円近く稼いでいるルリニガナ。 本馬とルリニガナに共通しているのが、母父父にミスプロが入っている点だろう。短距離志向なら、スピードを強化するためにミスプロの血が入っているのが望ましく、この条件を満たすのは今年はこの1頭のみ。 気になるのは、新規開業となる高橋厩舎。 ただ新規開業だからこそ、厩舎全体の預託頭数はそこまで多くないので出走回転数は高い可能性がある。 そして、この馬自身も短距離で使われるならレース選択に困ることもないでしょうし、大きなところを期待しなければ面白い1頭です。 馬体としては、もう少しトモにボリュームが増えて迫力が出てくると出資対象になってきそうです。 (文=桜木悟史) —————————————— ※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます。   ■2012年産の他の産駒の診断も見てみる! http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2012

2013年9月9日
から poginfo
0件のコメント

グレイトグレイスの2012(グラッツィオーソ)【キャロットクラブ募集番号74】

これまで長年、POGを運営してきた経験や、独自のデータ・傾向分析から競走馬への出資に関する考え方をお伝えします。 <今年の出資馬選びの方向性> 募集価格に対して獲得賞金の回収率を重視 <主な分析ファクター> ・種牡馬傾向、性別による傾向 ・厩舎力、厩舎傾向 ・DVDでの動き(怪我のリスク) —————————————— 父:スペシャルウィーク 母:グレイトグレイス 牡馬 募集価格:1,800万円 予定預託先:栗東・藤岡健一厩舎 特にファンというわけではありませんがスペシャルウィークの仔は個性的な仔が多いので毎年注目していますが、今年気になったのはこの馬です。 スペシャルウィーク産駒は、牝馬優勢の種牡馬で、牡馬になるとあまり大きなところは獲れないのですが、この馬は出資金を回収できるだけの堅実さがありそうです。 適性としては、芝でもダートでもこなせそうで、故障さえしなければ、地道に稼いでくれそうです。 スペシャルウィーク産駒の牡馬はキレがないので、どちらかといえば、先行して粘りこむような競馬が中心になってくるのではないでしょうか。 (文=桜木悟史) —————————————— ※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます。   ■2012年産の他の産駒の診断も見てみる! http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2012

2013年9月9日
から poginfo
0件のコメント

シルヴァースカヤの2012(アルギュロス)【キャロットクラブ募集番号73】

これまで長年、POGを運営してきた経験や、独自のデータ・傾向分析から競走馬への出資に関する考え方をお伝えします。 <今年の出資馬選びの方向性> 募集価格に対して獲得賞金の回収率を重視 <主な分析ファクター> ・種牡馬傾向、性別による傾向 ・厩舎力、厩舎傾向 ・DVDでの動き(怪我のリスク) —————————————— 父:マンハッタンカフェ 母:シルヴァースカヤ 牝馬 募集価格:2,800万円 予定預託先:栗東・池江泰寿厩舎 この血統は面白いなと思い、取り上げました。 母系はディープインパクトの前にクラシックを勝てなかったシックスセンスがおり、その管理をするのがディープインパクトを管理していた池江一族ということで、これも妙な縁な感じがしてなりません。 こういう馬がクラシックに出てくると面白いと感じるので注目したい1頭です。 さて、体型的には、少し首が短いのが気になるところではありますが、短い距離ではなく、中距離で使われるでしょうからさほどのマイナスポイントにはならないでしょう。 映像で見ると、後肢の可動域が広く柔らかみのある馬体をしているので、順調にいってくれそうな気がします。 (文=桜木悟史) —————————————— ※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます。   ■2012年産の他の産駒の診断も見てみる! http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2012

2013年9月9日
から poginfo
0件のコメント

マンハッタンの2012(グランドセントラル)【キャロットクラブ募集番号70】

これまで長年、POGを運営してきた経験や、独自のデータ・傾向分析から競走馬への出資に関する考え方をお伝えします。 <今年の出資馬選びの方向性> 募集価格に対して獲得賞金の回収率を重視 <主な分析ファクター> ・種牡馬傾向、性別による傾向 ・厩舎力、厩舎傾向 ・DVDでの動き(怪我のリスク) —————————————— 父:ゴールドアリュール 母:マンハッタン 牝馬 募集価格:1,400万円 予定預託先:栗東・小崎憲厩舎 小崎厩舎、ゴールドアリュールとくればどうしても狙いはダート戦になってくるでしょう。 ただ、気になるのはゴールドアリュール産駒の牝馬の実績があまり芳しくない点は気になります。 これは余談ですが、牝馬のダート馬はどうしても使うレースが限られてくるので(使えたとしても相手が非常に強い場合が多い)、年中コンスタントに活躍するということが非常に難しいというデメリットがあります。 この馬の場合は1,400万円での募集なので一発でも大きなところを勝ってくれれば、即回収完了となるので、アリと言えばアリですがこのあたりの問題点は考慮して出資はしたいところ。 馬体の話をすると、ダートで活躍するためにはもっとパワーを感じさせる体が望ましいところです。 (文=桜木悟史) —————————————— ※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます。   ■2012年産の他の産駒の診断も見てみる! http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2012

2013年9月8日
から poginfo
0件のコメント

ラフィカの2012(トゥルビネ)【キャロットクラブ募集番号68】

これまで長年、POGを運営してきた経験や、独自のデータ・傾向分析から競走馬への出資に関する考え方をお伝えします。 <今年の出資馬選びの方向性> 募集価格に対して獲得賞金の回収率を重視 <主な分析ファクター> ・種牡馬傾向、性別による傾向 ・厩舎力、厩舎傾向 ・DVDでの動き(怪我のリスク) —————————————— 父:クロフネ 母:ラフィカ 牝馬 募集価格:1,400万円 予定預託先:栗東・吉田直弘厩舎 この馬は出資検討のいいところまでいきましたが、検討をギリギリまで見極めることにしました。 血統背景としては、爆発力があります。 父クロフネ×母父サンデーの組み合わせは、ホエールキャプチャやフサイチリシャールなど、ハマると大きいところを獲れる組み合わせなのでこの価格での募集は魅力的です。 体型も牝馬らしいこじんまりと丸みのある馬体でマイル前後で爆発力のある走りが期待できます。 芝・ダートともにこなせそうな印象があり、仕上がりが早ければクラシック、そうでなくてもダートの交流重賞などで活躍してくれそうなイメージがあり、出資を決めやすいパターン。 ただ、それでも出資を決断しなかった理由は、映像で見ると、後左足がやや内向きになっている点、 そしてクロフネ産駒らしいゴツゴツとした歩きではなく、パワーの部分で物足りないと感じ、現状では保留。 もう少しクロフネのいい部分が出てきたらその時は追加で出資をするかもしれません。 (文=桜木悟史) —————————————— ※出資判断はご自身の責任でお願いいたします。責任は負いかねます。   ■2012年産の他の産駒の診断も見てみる! http://pog-info.com/archives/category/clubhorse/carrot2012