POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

2018年9月18日
から poginfo
0件のコメント

石野光さん指名のカテドラルが2連勝でクラシック参戦へ前進!

POG20180917_1
POG20180917_2




指名馬交換はこちら(12月末まで)→ https://9318.teacup.com/furisuta/bbs
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

秋競馬が始まり、本格的に中距離路線の争いが始まりましたが、その野路菊Sを制したのは石野光さん指名のカテドラルでした。おめでとうございます!

この馬は募集当時「ハーツクライ+母父スピニングワールド」は勝ち上がり率の高い配合と紹介しましたが、この時期に2勝目をあげるとは意外でした。この時期のハーツクライ産駒は総じてトモが甘くて、後方からの競馬が多くなるのですが、カテドラルに関してはそういうところがないのがいいですね。自分でレースをつくれるハーツクライ産駒の今後に注目したいと思います。

この3日間、競馬中継を見ていて、目を引いたのは日曜阪神でデビューしたルモンド(mootinさん)。こちらはパドックから完成度が違うという印象。他の有力ディープ産駒がいない中で2歳OPに出てくればポイントゲッターになりそうな予感。

そして月曜阪神ではダート戦でクリソベリル(たっくんさん)が7馬身差の快勝。全兄が数々ダート重賞勝ちしているクリソライトですから、血統背景は文句なし。あとはキャロットクラブの使い分け次第という感じでしょうか。キャロットクラブは先日、強い勝ち方をしたガルヴィハーラもいます。天栄としがらきがここ数年、ライバル関係にあるので、どこかでぶつかる事態もありそうです。

▼全参加者の指名馬一覧
http://freestylefarm.sengoku-jidai.com/horselist_18.htm

←他のPOGサイトも見てみる


2018年9月17日
から poginfo
0件のコメント

【2歳馬次走報】サートゥルナーリア・ジャミールフエルテは萩S、グレイシアはアルテミスSへ

■レース別 出走予定

※個人調べにつき情報が古い場合・誤りがある場合がございます。ご了承ください。

★10/6 サウジアラビアRC [東京芝1600m]
グランアレグリア、アマーティ、ドゴール(津村)、サムシングジャスト、セグレドスペリオル

★10/7 りんどう賞 [京都芝1400m]
リゲイン、ローゼンクリーガー、エスト、ルチアーナミノル、ディアンドル、エイシンノホシ?

★10/7 紫菊賞 [京都芝2000m]
ヤマニンマヒア、ジョウショームード、アドマイヤジャスタ(ルメール)、ロジャーバローズ、エクザルフ?

★10/13 プラナタス賞 [東京ダ1600m]
チェルシーライオン、ロークアルルージュ

★10/13 もみじ賞 [京都芝1400m]
ラミエル、ミヤジシルフィード

★10/16 エーデルワイス賞 [門別ダ1600m]
イチゴミルフィーユ、スタークォーツ、オルトグラフ、カシノティーダ、ファンシャン、アールロッソ、ラブミーリッキー、エイシンノホシ?

★10/20 アイビーS [東京芝1800m]
カウディーリョ(モレイラ)、シェーングランツ、ハヤヤッコ、ホウオウサーベル?

★10/21 くるみ賞 [東京芝1400m]
シャドウセッション?

★10/21 なでしこ賞 [京都ダ1400m]
ゴルヴァ、パイロテクニクス

★10/27 萩S [京都芝1800m]
サートゥルナーリア、ジャミールフエルテ

★10/27 アルテミスS [東京芝1600m]
グレイシア、レーヴドカナロア、ウインゼノビア、クィーンユニバンス、アズマヘリテージ、ミリオンドリームズ、ドナアトラエンテ、ライデンシャフト、ミディオーサ?

★11/3 京王杯2歳S [東京芝1400m]
アスターペガサス、シングルアップ、ハッピーアワー、カルリーノ、シャドウセッション?

★11/3 ファンタジーS [京都芝1400m]
ラブミーファイン、エイシンゾーン

★11/4 きんもくせい特別 [福島芝1800m]
ダディーズマインド、ディキシーナイト

★11/10 オキザリス賞 [東京ダ1400m]
ニシノコトダマ

★11/11 黄菊賞 [京都芝2000m]
ヘリオス

★11/11 福島2歳S [福島芝1200m]
エコロディアマンテ

★11/10 デイリー杯2歳S [京都芝1600m]
ジャミールフエルテ、アドマイヤマーズ(デムーロ)

★11/17 東スポ杯2歳S [東京芝1800m]
ケイデンスコール、ニシノデイジー、ナイママ、エメラルファイト、ホウオウサーベル?

★11/18 秋明菊賞 [京都芝1400m]
レースガーデン

★11/18 赤松賞 [東京芝1600m]
ファクトゥーラ

★11/24 京都2歳S [京都芝2000m]
ブレイキングドーン

★11/28 兵庫JG [園田ダ1400m]
シングルアップ?

★12/9 阪神JS [阪神芝1600m]
ウインゼノビア、ラブミーファイン、ビーチサンバ

★12/16 朝日杯FS [阪神芝1600m]
ケイデンスコール、ファンタジスト、アンブロ-クン?

★12/28 ホープフルS [中山芝2000m]
アンブロ-クン?

■ゲート試験合格

★9/12 栗東
アマリリステソーロ、アルファライズ、カグラヒメ、キョウエイエインシア、クリノクルミチャン、クリノジョーカー、ケイティグレース、ジャングルランブル、ステラバローズ、テーオーアマゾン、ビップサタン、ビーマイステディ、フォレブルート、アクアラインの2016、コロナガールの2016、ノブクィーンの2016、ブラストスイフトの2016、マキノチーフの2016、ルナクィーンの2016、レイオブライトの2016

★9/12 美浦
カセノウィナー、グーガルラヴィ、コスモリミックス、ゴルドマイスター、シャルマント、フジノタカネ、マインナナ、エリンズハープの2016、コージーロージーの2016、デュリュクスの2016

★9/13 栗東
アドマイヤコメット、キュールエサクラ、サエクェハンナ、サトノウィザード、シャイニーブランコ、ターンテーブル、チタノブーケ、チャリャ、ドナブレス、トモジャパルムドル、ブッチーニ、メイショウヒノクニ、ラブミーチャーム、アラドヴァルの2016、グァンタナメラの2016、ジェノアの2016、スパイシーソースの2016、ワイドサファイアの2016、Judith Baisnの2016、Spanish Postの2016

★9/13 美浦
アポロチーター、アララトテソーロ、アンダープロミス、ヴォアラ、クールアンジェラ、スプリングハズカム、タイセイグリード、ダナキル、ツギノイッテ、ディオミーオ、ディーエスマグナム、トゥービーシック、パワポケチャラット、ヒイナヅキ、マサノトキメキ、マリノマレーラ、メイクアノイズ、リターンチョウサン、ローズドクレア、アイアムネフライトの2016、ウインディーヒルの2016、ウーマンシークレットの2016、エクセラントカーヴの2016、クロニカの2016、サトノローズヒップの2016、ジーガーウイングの2016、スパークオンアイスの2016、ダノンボンジュールの2016、パナマックスの2016、フランシールの2016、ブルーメンブラットの2016、メイシャインの2016、ラブハートの2016、ロージーチャームの2016

★9/14 栗東
アスターハリケーン、キョウエイミーレス、キービジュアル、コールドストーン、シゲルピンクダイヤ、シゲルブルーダイヤ、シンザンストロング、スズカシニック、ダンツコーラル、ティレニア、トンバ、ハイワールド、パルメ、マラスキーノ、モアナアネラ、レガーロブロッサム、ロッカーモーション、アドマイヤオンリーの2016、シャンパンドーロの2016、スターオブサファイアの2016

★9/14 美浦
アズールスカイ、アートノーブル、グランパルトネール、クリスタルアワード、ゴールデンゾーン、ゴールドビーム、サウスパッキオ、サクラトップダンク、サトノダイナスティ、サルバ、タイセイスパーブ、ダイユウゲネシス、テイエムハツユメ、テンノウザン、パラドール、ブライトンテソーロ、ブラックミーティア、プリマヴェージ、プリミエラムール、マックスアドバンス、マリノジェノヴァ、ヤマニングレナデン、リネンエイコウ、リュウグウオー、アオゾラペダルの2016、ジョイチャイルドの2016、トップコメントの2016、ビッグマリーンの2016




←他のPOGサイトも見てみる


2018年9月14日
から poginfo
31件のコメント

予想大会「複勝名人への道」投票所

毎週、中央競馬の重賞で複勝圏に入る馬を選ぶシンプルな予想大会です

優勝者には、賞品をご用意しております。新規参加をご希望の場合はコメント欄に参加の旨をお書きください。そのコメントをもって参加受付としますので、そのまま投票して頂いて結構です(今週より予想大会に参戦できます)

ルールは こちら

今週の対象レースは

「阪神ジャンプS」「ローズS」「セントライト記念」

※2ndシーズンは、ラジオNIKKEI賞~ホープフルSとなります

・投票は各レースにつき1頭までです。2頭以上の投票は無効です
・投票・変更は各レース発走予定時刻の5分前までにお願いいたします
・コメント欄が見つからない時は記事一番下の「パーマリンク」を押してください

◆オプションの説明
【単勝勝負】1レースのみ選択して単勝を予想。的中で単オッズ×3倍
【一点入魂】1レースのみ選択して複勝を予想。的中で複オッズ×当週対象レース数(G1はさらに2倍)
※使用可能回数・詳しいことはルールをご覧ください

▼前節までの途中経過はこちら
http://freestylefarm.sengoku-jidai.com/pointdata.htm



<順位表>
1位() 地下馬道・4840pts
2位() 千代翁・3640pts ※7週連続
3位() 2525紫・3220pts
4位() GIGA・2680pts
5位() たっくん・2670pts ※7週連続
6位() 桜木悟史・2320pts
7位() 桜橋みさと・2280pts ※5週連続
8位() 桜館・1920pts
9位() 黙殺常習犯・1720pts
10位() ランディ・1600pts
11位() オーゴンカープ・1520pts
12位() 地球限定シンガー・1390pts
13位() yukimiyu・920pts
14位() bankerz・740pts
15位() ローレライ・460pts
16位(NEW) mootin・150pts

▼投票の際に1クリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログへ




2018年9月14日
から poginfo
0件のコメント

キャロットクラブ2017年度産駒 申込結果

■申込内容
52.リリサイドの2017(父ロードカナロア) →最優先落選
09.マチカネエンジイロの2017(父ロードカナロア) →一般落選

まず世代全体に対する評価ですが、「悪い馬は少ないけど、惹きつける馬はほぼいなかった」という感じです。

実はこの感覚、2年前と同じだったりします。つまりキャロットの現3歳こと。この世代は勝ち上がり率こそ50%を超えて合格点こそ与えられますが、OP勝ちは現時点でアンフィトリテのみ。ハズレ世代といってしまうと可哀想ですが、物足りない世代です。

この感覚が正しいとすれば、G1・重賞を勝つような当たりはいないかもしれない。いたとしても1頭程度ではないか? これがこの世代に対する見解です。

そんな中で最優先をどれにするか最終日まで悩みました。

私のツイッターのフォロワーの方であれば、1年前からヒルダズパッションの2017に目をつけていたことはご存知かと思いますが、最終的にやめました。理由としては、周回展示の時に馬がおとなしすぎた点が気になったからです。よく言えばおとなしくて従順ですが、果たして競走馬として必要な闘争心に問題はないか? この点が非常に気になったからです。加えて、この配合は分析記事に書いた通り、末脚キレキレの配合ではなく、ある程度、前にいくような気性の積極性が必要で、このあたりの違和感が自分の中で最後まで解消されず、最優先から外すことにしました。

その一方で、周回展示で唯一、目を引いたのがリリサイドの2017

配合分析では評価していなかったのですが、「ロードカナロア+Sadler’s Wells」はあまり結果が出ていないとはいえ、1世代のみの統計で決めつけるのは時期尚早だろうとの判断から一転して最優先で申し込むことにしました。

半姉リスグラシューの募集当時の分析記事 を読み返してみると、「柔らかさ」「可動域の広さ」「馬体の雰囲気の良さ」を取り上げていました。この評価はまさに今回の周回展示で感じた印象と同じ。しかも半姉も母系のSadler’s Wellsに対してネガティブに感じていた点も同じ(笑)。

これらを踏まえて「リリサイドの仔は馬体のフィーリングを重視するべきだろう」というのが今年の結論。それだけ “良い馬が持っているオーラ” をまとった1頭だと感じました。

今年に関しては、周回展示の公開がなければヒルダズパッションに申し込んでいたと思います。血統分析派が馬体のオーラに惑わされるという我ながら見苦しい結論に達してしまった点は反省しますが(苦笑)、この判断がどうだったのか数年後に検証してみたいと思います。

以下、毎年定番のピックアップです。

<クラブ馬内世代トップ10以内を狙えそう>
46.ディアマイベイビーの2017(父キングカメハメハ)
67.マラコスタムブラダの2017(父ダイワメジャー)

どちらも配合面や厩舎データで最も減点が少なく、かつ回収率200%を目指せる可能性があるという観点でピックアップしました。

この2頭のどちらかを最優先にすることも考えたのですが、ディアマイベイビーはどう考えても同じ父のレイデオロから2枚は劣る点、マラコスタムブラダは身体の大きなダイワメジャー産駒ということでノド鳴りのリスクがあり、最優先では行きづらいタイプだったので申し込みませんでした。

ただ、どちらも悪い馬ではないはずです。ディアマイベイビーは遅生まれが嫌われたかもしれませんが、ツアーでは430kg台。順調に体重が増えていますし、標準的な成長力はあるとみます。キングカメハメハの仔にしては筋肉量が物足りないとの評価もありますが、見た目がほっそり見えてもキングカメハメハ産駒は成長力があるので、そこは問題にしなくてもよいでしょう。そのことはレイデオロやカウディーリョが証明しています。

マラコスタムブラダに関しては2歳重賞出走&阪神JFが大目標という感じ。そこまでに賞金をどれだけ積むことができるか。そこの勝負だと思います。

<故障のリスクが高そう>
20.カメリアローズの2017(父キズナ)
28.イグジビットワンの2017(父ダイワメジャー)
60.アヴェンチュラの2017(父エピファネイア)

いつも書いておりますが、私が馬を見る重要ポイントは「故障リスクが高いか、低いか」であり、その技術向上・検証のためにこのシリーズを書いております。そのため、この結果をご覧になられて気分を害される方もいるかと思いますが、ご容赦頂ければ幸いです。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

バックナンバーはコチラ




←他のPOGサイトも見てみる


2018年9月10日
から poginfo
0件のコメント

「ダイワメジャー+母父ホワイトマズル」が大活躍!

POG20180909_1
POG20180909_2



【交換履歴】
Zioさん:マジストラル(母アンブロワーズ)→ガルヴィハーラ(母ポロンナルワ)
石野光さん:ラズライトノヴァ(母アナスタシアブルー)→ポルトラーノ(母ポルトフィーノ)

指名馬交換はこちら(12月末まで)→ https://9318.teacup.com/furisuta/bbs
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

先週から指名馬の交換が始まっております。
早速、Zioさんが獲得したガルヴィハーラが新馬勝ち。おめでとうございます! 萩原厩舎はエピカリス・ルヴァンスレーヴと毎年、ダート界に新星を送り込んできますね。この強さなら年末までは交流重賞でいいポイントをGETしてくれそう。楽しみな存在です。

ただ個人的に気になるのは来春の動向。エピカリスと同じくキャロットクラブですから、またドバイ挑戦という話が出てくるかもしれません。エピカリスのドバイ・アメリカ挑戦が波紋を呼んだだけに、一口馬主という視点でも動向が気になります。

今週はダイワメジャー産駒が大活躍。ウタさん指名のディキシーナイトが強い競馬で勝ち上がり。これでウタさんはキャロット2騎で2勝目です。

そしてアスター賞ではグレイシアが強い競馬で2連勝。この時期に中山のマイルを勝ったといえば、3年前のメジャーエンブレムが思い出されますが、配合や脚質からいえばどちらかといえばトーセンベニザクラ(フェアリーS)のイメージのほうが近いでしょうか。ディキシーナイト・グレイシア・トーセンベニザクラの3頭は配合が「母父ホワイトマズル」で共通。この組み合わせは ディキシーナイトの募集当時の解説 でも触れましたが、パフォーマンスが高いですね。

特にグレイシアに関しては母年齢10歳時の仔ですから、繁殖として脂がのってきて、一族にひさしぶりの重賞勝ちをもたらすかもしれません。

▼全参加者の指名馬一覧
http://freestylefarm.sengoku-jidai.com/horselist_18.htm

←他のPOGサイトも見てみる