POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

2019年1月30日
から poginfo
0件のコメント

2019シルクロードS 上位馬の血統分析(ダノンスマッシュ・エスティタート・ティーハーフ)

■1着 ダノンスマッシュ

事前の動画の通り、シルクロードSは近年、父ミスプロ系が席捲しており、そのトレンド通りにロードカナロア産駒の本馬が勝利した。

ロードカナロア産駒は1枠苦手&京都不得手という傾向も紹介したが、それを見事に覆されてしまい予想は完敗。しかもレース自体は北村友一騎手がうまく乗ったという感じもなく、ここでは馬の力が一枚違った印象だ。

ロードカナロア産駒は2400m勝ちのアーモンドアイからスプリンターのダノンスマッシュまで幅広いタイプの産駒を出している。その中でも今回のシルクロードSに出走したダノンスマッシュやアンヴァルの配合に注目すると、「ロードカナロア+フレンチデピュティやDanzigなどのノーザンダンサー系+Mr.Prospector」という形で共通している(&SSを含まないという部分も共通)。この形はレッドレグナント[アネモネS2着]にも共通している。

レッドレグナントこそマイル前後で走っているが、逃げの形をとっており、スピード優位のタイプ。上記の配合がロードカナロア産駒のスプリンター配合であるという仮説を立てておきたい。

その観点で今夏以降デビュー予定の現2歳で似た配合の馬をピックアップすると、ダノンスマッシュの全弟・スピニングワイルドキャットの2017やダノンプレミアムの半弟・インディアナギャルの2017が該当。これは深読みしすぎかもしれないが、インディアナギャルはケイアイファーム産ながらクラブに回されずにダノックス所有になっているので前評判が高いかもしれない。

いずれにしても、上記の配合はスピード優位に出ているので、仕上がりが早いなどの情報があればPOGで狙ってみると面白そうだ。

■2着 エスティタート

シルクロードSは2013年以降、ずっと1~3着馬は5代目までにMr.Prospectorを持っていた。予想動画の配信を始めた途端にこういう例外が馬券に絡んできてしまうと困るのだが、この馬に関してはキャロットクラブで募集されている時から判断に迷う馬だった(募集当時の評価においても本馬は解説を回避した)。

まずドリームジャーニ産駒自体が傾向として2000m前後の距離を得意としている中距離型の種牡馬。加えて、本馬の母スキッフルもHyperionなどの血を重ねており、どちらかといえばスピードというよりもスタミナやパワーに寄っている。兄弟を見ても半兄フェルメッツァは2000m前後が主戦場、半兄フラガラッハもマイルを得意としていたが2500mの重賞でもそこそこ上位に来ていたのはそのあたりに要因がある。

しかしながら、今回1200mの重賞で好走できたというのは、おそらくだが今年の京都の馬場が例年以上にタフな馬場になったことで、この馬の母系のスタミナが活きたと考えられる(それなら同じ母父トニービンのラインスピリットが馬券圏内に来て欲しかったが…)

■3着 ティーハーフ

本馬は過去のシルクロードS好走馬に照らし合わせても多くの共通項があり、単純な考え方でも2105年の本レースで2着に入ったサドンストームの全弟なのだから大外枠に惑わされずに押さえるべきだった。

動画で話した通り、血統のポイントとしては【父ミスプロ系】【Haloっぽいクロス】が挙げられる。本馬の配合でポイントになるのは、父方のHaloと母系のSir Ivorのニアリークロス。こういう器用さが求められるコースできらりと存在感を示す。

まだ開催は続くが、冬の京都開催ではMachiavellianの血が好走することが多いように感じる。シンザン記念のマイネルフラップ(古くはロジクライ)や今回のティーハーフなど。今年、そして来年以降は忘れずにチェックしたい。

■編集後記

2019年シルクロードS
動画では最終的にピックアップした4頭のうち、ダノンスマッシュとティーハーフの2頭が馬券に絡みました。にもかかわらず、本命をラインスピリットに打つ失態!!!! 私の動画なんて参考にしている方はいないと思いますが、申し訳ありませんでした。

ラインスピリットに関しては、単勝170倍だった京王杯SCで本命を打って0.2差の5着で憤死。そして3着に入ったスプリンターズは一銭も買わず(まぁこのレースは馬連で当てましたが…)、そして今回の惨敗。どうも噛み合わせが悪いですね。付き合い方を考えないといけません。

話は変わりますが、出資馬のレイデオロのドバイ再挑戦が決まりました。個人的には、ドバイターフのほうが適性はあると思うのですが、こればっかりは仕方ありません。ドバイシーマクラシックはどうしてもスローになりやすいですし、レイデオロにとって左回りの2400mは微妙に距離が長いと思います。ただ去年の上位馬がほぼ引退、今年の登録馬をみると昨年の暮れに香港ヴァーズでリスグラシューを破ったエグザルタントあたりが目立った存在という状況ですので、相手関係はそこまで厳しくならなさそうな気配はあります。

あとレイデオロ自身も、昨年はバ●ジュー騎手が無茶苦茶に乗った影響で立て直しに専念したということもあるので昨年以上の競馬はできるはずです。陣営も昨年の経験を活かして、改善して勝ちに行くということのですので、私も日本から一生懸命に声援を送りたいと思います!

あと現在ツイッターのほうでレイデオロのクオカプレゼントキャンペーンやっております。ご興味がおありの方は覗いてみてください。

▼キャンペーン詳細・応募方法はこちら
https://twitter.com/satoshi_style/status/1089436581310545920

(文=桜木悟史) @satoshi_style

バックナンバーはコチラ




←他のPOGサイトも見てみる


2019年1月28日
から poginfo
0件のコメント

【クラブ馬POG】ラストドラフトは単独指名!フィリアプーラの指名者は3名

ぜひ応援コメントや感想など、スタリオンページまでお寄せください!!
clubPOG201901


1月も終わるということでクラブ馬POGの途中経過でございます。

まず1月の重賞では、京成杯を制したラストドラフト桜館さんの単独指名。おめでとうございます!次走は弥生賞を予定しているとのことで、G2も単独指名勝ちするとかなり上位にいけそう。ルメール騎手が継続騎乗するかもしれないというレベルで能力を認めているところもポイントが高いと思います。

一方、牝馬戦線ではフェアリーSをフィリアプーラが勝利。こちらは、みゅうげさん・さくらさん・IQ52さんの3名が指定されております。こちらもおめでとうございます。中でも、さくらさんは実際に出資もされているということで本当におめでとうございます!

このフィリアプーラに関しては、キャロットの馬ということで私も出資を考えていた1頭。結果的に1次で2頭当選したので出資をしなかったのですが 安定感のある配合 ですね。この先、むしろ距離が延びていいタイプですし、オークスまでクラシック戦線をにぎわせても不思議ではありません。

あと上位戦線に目を移すと、3位に上がってきたゲインさんは菜の花賞を勝利したコントラチェックを単独指名。そして6,7位のローレライさん、ランディさんが指名しているディキシーナイトがOPクロッカスSを勝利。このあたりは上位が指名していない馬なので、このあたりの馬がさらに活躍してくると優勝争いが盛り上がりそうです。ディキシーナイトなんかは距離は1800mぐらいまで対応可能(むしろそのあたりが向くはず)でしょうし、次も楽しみですね。

それにしても現4歳の絶不調がウソかのようにキャロット勢の3歳勢は好調ですねぇ。その世代で2頭に出資しているのにいまだに勝ち上がってない管理人のヤバさ(苦笑) 今週出走予定のファナティックが勝ち上がってくれると本当に助かるんですが果たして・・・(^^;;

▼指名馬血統一覧表はこちら
http://freestylefarm.sengoku-jidai.com/clubpog_18.htm



←他のPOGサイトも見てみる


次走報

2019年1月27日
から poginfo
0件のコメント

【3歳馬 次走報】ダノンキングリーは共同通信杯、サトノウィザード・エスポワールはつばき賞へ

■レース別 出走予定

※個人調べにつき情報が古い・誤りがある場合がございます。ご了承ください。

★2/9 クイーンC [東京芝1600m]
ジョディー(武藤)、ビーチサンバ(福永)、クロノジェネシス(北村友)、カレンブーケドール(戸崎)、マドラスチェック、ミリオンドリームズ、レッドベルディエス、メトロポール、アークヴィグラス、マジックリアリズム、トロシュナ?、ミディオーサ?

★2/9 あすなろ賞 [小倉芝2000m]
アドマイヤリーブラ、カセドラルベル、ヘリオス、カフジジュピター

★2/9 こぶし賞 [京都芝1600m]
シャドウエンペラー、マイネルウィルトス、ヘイワノツカイ?

★2/10 平場500万下 [東京芝1400m]
アーデンフォレスト、タニノミッション

★2/10 共同通信杯 [東京芝1800m]
アドマイヤマーズ(デムーロ)、クラージュゲリエ(武豊)、フォッサマグナ、ナイママ、ダノンキングリー

★2/16 平場500万下 [東京芝1600m]
ヘイワノツカイ?、ミディオーサ?

★2/16 平場500万下 [京都芝1400m]
レディマクベス

★2/16 つばき賞 [京都芝1800m]
ワールドプレミア(武豊)、サトノウィザード(ルメール)、エスポワール(デムーロ)、ディグラーシャ

★2/16 フリージア賞 [東京芝2000m]
ショウリュウイクゾ(浜中)、シャドウディーヴァ、アップライトスピン、シュヴァルツリーゼ、ホウオウサーベル

★2/16 かささぎ賞 [小倉芝1200m]
ラミエル

★2/17 ヒヤシンスS [東京ダ1600m]
アスターペガサス(福永)、オルトグラフ、メイクハッピー、ナンヨーイザヨイ、アールロッソ、オーヴァルエース、デルマルーウル、ヴァイトブリック、マスターフェンサー、デアフルーグ?

★2/23 くすのき賞 [小倉ダ1700m]
グレートバニヤン、エルモンストロ

★2/23 水仙賞 [中山芝2200m]
クロスタルバローズ

★2/23 マーガレットS [阪神芝1200m]
イッツクール(松田)、スタークォーツ、ベルスール、ブリングイットオン

★2/24 黄梅賞 [中山芝1600m]
ミトロジー

★2/24 すみれS [阪神芝2200m]
ルタンブル、アドマイヤジャスタ

★3/2 チューリップ賞 [阪神芝1600m]
ダノンファンタジー、メイショウショウブ、アフランシール、ラウズオンリーユー?

★3/3 弥生賞 [中山芝2000m]
ニシノデイジー(勝浦)、ラストドラフト(ルメール)、ブレイキングドーン、クリノガウディー?

★3/9 ゆきやなぎ賞 [阪神芝2400m]
シュリ

★3/10 平場500万下 [阪神芝1600m]
オースミカテドラル

★3/10 昇竜S [中京ダ1400m]
ヴァニラアイス、ロンドンテソーロ

★3/10 アネモネS [中山芝1600m]
ウインゼノビア

★3/10 フィリーズR [阪神芝1400m]
ジュランビル、イベリス、ホウオウカトリーヌ、メイショウケイメイ、ローゼンクリーガー?

★3/16 若葉S [阪神芝2000m]
ヴェロックス(川田)、ミッキーブラック、アンクルテイオウ

★3/16 フラワーC [中山芝1800m]
エールヴォワ、コントラチェック

★3/16 ファルコンS [中京芝1400m]
イッツクール(松田)、ヴァッシュモン(田辺)、ローゼンクリーガー?

★3/17 平場500万下 [中山芝1600m]
ブルーアガヴェ

★3/17 スプリングS [中山芝1800m]
リーガルメイン、ファンタジスト、クリノガウディー?、エメラルファイト?

★3/23 毎日杯 [阪神芝1800m]
アントリューズ(田辺)、エメラルファイト?

★3/30 UAEダービー [メイダン ダ1900m]
デルマルーヴル

★4/6 ニュージーランドT [中山芝1600m]
ファンタジスト

★4/7 桜花賞 [阪神芝1600m]
ダノンファンタジー、グランアレグリア、クロノジェネシス、ビーチサンバ、フィリアプーラ

★4/13 アーリントンC [阪神芝1600m]
マイネルフラップ

★4/15 皐月賞 [中山芝2000m]
サートゥルナーリア(ルメール)、アドマイヤマーズ(デムーロ)、ラストドラフト

★5/5 NHKマイルC [東京芝1600m]
マイネルフラップ、ファンタジスト

★5/26 日本ダービー [東京芝2400m]
マイネルフラップ、ラストドラフト




←他のPOGサイトも見てみる


yosou

2019年1月25日
から poginfo
26件のコメント

予想大会「複勝名人への道」投票所

毎週、中央競馬の重賞で複勝圏に入る馬を選ぶシンプルな予想大会です

優勝者には、賞品をご用意しております。新規参加をご希望の場合はコメント欄に参加の旨をお書きください。そのコメントをもって参加受付としますので、そのまま投票して頂いて結構です(今週より予想大会に参戦できます)

ルールは こちら

今週の対象レース:

「愛知杯」「シルクロードS」「根岸S」

※1stシーズンの期間は 中山金杯~宝塚記念 です

・投票は各レースにつき1頭までです。2頭以上の投票は無効です
・投票・変更は各レース発走予定時刻の5分前までにお願いいたします
・コメント欄が見つからない時は記事一番下の「パーマリンク」を押してください

◆オプションの説明
【単勝勝負】1レースのみ選択して単勝を予想。的中で単オッズ×3倍
【一点入魂】1レースのみ選択して複勝を予想。的中で複オッズ×当週対象レース数(G1はさらに2倍)
※使用可能回数・詳しいことはルールをご覧ください

▼前節までの途中経過はこちら
http://freestylefarm.sengoku-jidai.com/pointdata.htm



<順位表>
1位() bankerz・1250pts
2位() ランディ・1030pts
3位() ローレライ・1020pts
4位() かってぃー・960pts
5位() オーゴンカープ・950pts
6位() 金太郎・820pts
7位() 桜木悟史・740pts
8位() GIGA・680pts
9位() 桜館・590pts
10位() yukimiyu・570pts
11位() たっくん・510pts
12位() 2525紫・450pts
13位() わらびもち・350pts
14位(NEW) 黙殺常習犯・180pts
15位(NEW) 千代翁・120pts
16位(NEW) 桜橋みさと・120pts
17位(NEW) みゅうげ・110pts

▼投票の際に1クリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログへ




2019年1月23日
から poginfo
0件のコメント

2019AJCC 上位馬の血統分析(シャケトラ・フィエールマン・メートルダール)

■1着 シャケトラ

AJCCでマンハッタンカフェ産駒が馬券圏内に来たのはゲシュタルトに続いて2例目。ゲシュタルトとは「マンハッタンカフェ+Sadler’s Wells+Mr.Prospector」が共通。マンハッタンカフェ産駒は今後減少していくので、なかなかこの組み合わせを馬券に応用するのは難しいかもしれないが、覚えておきたい。

ただシャケトラ自身の配合を見た時、Haloのクロスを持っており、外回りよりは内回り向きであり、春に向けて芝が軽くなるほうが歓迎のタイプ。そういう意味では、すでに一度勝っているが日経賞ではよりパフォーマンスを上げると予想される。さらにその先を見据えれば、内回りで行なわれる宝塚記念は馬場が極端に重くならなければ舞台は向く。

事前の動画で「Halo+ノーザンテースト」の組み合わせがAJCCでは活躍すると述べたが、シャケトラの4代目にあるFar Northはノーザンテーストと3/4の同血。これがノーザンテーストの代わりになるのか疑問はあるが、念のため記しておく。

■2着 フィエールマン

まずAJCCはディープインパクト産駒初年度のダノンバラードが5歳時に挑戦した2013年以降、7年中6年で産駒が馬券圏内に来ている。冬場でディープインパクト産駒向きとは言えないもの、外回りなので対応しやすいのが特徴。来年以降もディープインパクト産駒の出走があれば、押さえておく必要がある。

本馬の配合のポイントはBlandfordというスタミナ色の強い血を重ねている点。今回のAJCCはスローからの瞬発力勝負になったが、ペースが速くなっていたとしても対応できたと予想される。

血統的な話からは外れるが、やはりこの時期の重賞でノーザンファームのG1馬が出てきても完璧に仕上げてくるということはなく、こういう取りこぼしは多い(マカヒキやレイデオロなど)。このあたりを考慮して、マークシートを塗ることが大切だと言えそうだ。

■3着 メートルダール

ゼンノロブロイ産駒はタンタアレグリア以来の馬券圏内で、タンタアレグリアとは「ゼンノロブロイ+Sadler’s Wells」が共通。

加えて、5代目にあるThe Minstrelはシャケトラのところで触れたFar Northと全兄弟。これがノーザンテーストの代役を果たしたという仮説が考えられる。

また母系にSilver Hawkに入る形では昨年のマイネルミラノに続いて3着。過去には母父ブライアンズタイムを持つゼーヴィントが2着に来ており、来年以降は「ロベルト持ち」にも気を配って予想をしていきたい。

ただ本馬に関しては乗り方が難しく、その能力をフルに生かしたマーフィー騎手の好騎乗が光ったという点も忘れないでおきたい。

■編集後記

最初に◎を打ったジェネラーレウーノは4着まで。これに関しては、すでに多くの方が触れているが田辺騎手の騎乗の影響も大きかった。


馬場差はあるとはいえ、昨秋のセントライト記念からは2秒も遅い走破タイム。残念ながらジェネラーレウーノの力を出し切ったとは言えないだろう。

ただし、田辺騎手は菊花賞のあとに「もっとスローに落としたかった」「瞬発力勝負では厳しい」というチグハグなコメントを残しており、この意味不明なコメントを真摯に受け止めていれば田辺騎手を信用しないという判断は可能だったので、買い手としても反省すべき点はあったと言える。……それでも中山での田辺騎手はこれまで信用していただけに今回の騎乗は残念でした。

あと血統的な話としては、今後の争点は「The Mintrel,Far Northをノーザンテースト[3/4同血]を同等として評価するか?」という点。ただしThe MintrelとFar Northはノーザンテーストにおける重要な要素であるLady Angela[Hyperion]のクロスを含まないので、これらがノーザンテーストの代用となるかは疑問は残るが、今年2頭も馬券に絡んだ以上は無視できない血だと言える。

あと今回の動画では該当馬がいなかったので触れなかったが、AJCCでは「ジャングルポケット持ち」が活躍している[トーセンジョーダン、ヴェルデグリーン、エアソミュール、ミッキースワロー]。来年以降、この血を持っている馬にも注目すべきだろう。

(文=桜木悟史) @satoshi_style

バックナンバーはコチラ




←他のPOGサイトも見てみる