POG一口馬主情報局

POG、一口馬主のための情報サイト。ドラフト型POG開催中。2歳馬、3歳馬の次走近況情報も掲載。キャロットクラブの出資馬の選び方や種牡馬別の配合や厩舎・調教師データなどを解説

2018年4月11日
から poginfo
0件のコメント

服装・ドレスコードについて~ドバイワールドカップday観戦記(4)

ドバイワールドカップは世界中からVIPが集まるレースで、正装が推奨されています。

私がチケットを手配してもらった代理店「ワールドスポーツコミュニティ」からも以下のようなドレスコードが奨励されました。

男性:上着を着用したシャツ・ジャケットスタイル
女性:しとやかで上品なよそ行きスタイル、帽子の着用を奨励
男女共通:Tシャツ・トレーナー・サンダル・半ズボンは原則禁止

では、実際のところはどうかというと、現地の方と思われる方はポロシャツのみというようなラフな格好をしていますが、原則的に正装が無難です。

ただ女性に関しては、帽子の着用が奨励されていますが、髪飾りもつけていない方もいるので、ここは厳密ではないようです。

■暑さにどう備えるか?

個人的にポイントだと考えるのは【暑さ対策】

3月下旬のドバイは30度を超える日もあり、ネクタイを締めるスーツスタイルは厳しいものがあります。もちろん屋内は冷房が効いていますので、屋内中心で観戦する分には問題ありませんが、写真撮影など長時間、屋外にいる予定があるならば、スーツスタイルは個人的にはおすすめできません。

ネクタイを外すことも考えましたが、周りを見渡すとそういう中途半端な方はほとんど見かけなかったので、ノータイにしたい方は最初からネクタイを必要としないジャケットスタイルで臨まれたほうがよいかと思います。

あと各国の民族衣装で来場されている方も多く、日本人の方で浴衣を着ている方もいましたが、違和感はありませんでした。これなら暑さ対策もできますし、個人的にはアリだと思います。

まとめると、上記の原則禁止となっている「Tシャツ・トレーナー・サンダル・半ズボン」さえ避ければ問題なく、厳密なルールは存在しないようです。

旅行前にイスラム教の関係で「女性は露出が多い服装は避けたほうがよい」という情報も見かけましたが、現地に行った限りはそういうルールはあまりなかったように感じます。それを意識しすぎて暑さで倒れてしまっては元も子もありませんから、おしゃれに見られる範囲内で快適に過ごせる服装で行かれるとよいかと思います。




次の記事を読む→ 【5】レース観戦<前半>

(文=桜木悟史) @satoshi_style

※当記事の内容は2018年当時の情報です

←他のPOGサイトも見てみる


2018年4月11日
から poginfo
0件のコメント

メイダン競馬場への行き方・帰り方~ドバイワールドカップday観戦記(3)

メイダン競馬場へのアクセスは基本的に車だけ。日本から一般の方が市街から向かう場合はタクシーに乗ることになります。

タクシーの料金はタクシーの初乗り料金にもよりますが、ドバイモール周辺からであれば30AED(日本円で約900円)ぐらいで行けます。私はWorld Trade Centre駅周辺のホテルに宿泊していましたが、そこからでも34AEDでしたので、ドバイモール周辺の施設からタクシーに乗るといいでしょう。

[注] 初乗り料金:一般的には3AED、22時以降は6AED。初乗りが12AEDのタクシーもあった。

[注] 基本的には流しのタクシーは捕まらないと思います。ドバイモールのピックアップか、ホテルから乗るのが確実です

ドバイのタクシーは料金表示が見えるので安心して乗れる

ドバイのタクシーは料金表示が見えるので安心して乗れる


■行きについて

行きの際は、目的地を伝える時にゲートを伝えておくとよいかと思います。メイダン競馬場はかなり広く、たとえばゲートAとゲートGを移動するにも迂回させられてしまうので、到着したいゲートを明確に伝えておくほうが賢明です(私は運転手の英語が理解できず、チケット受取場所とは反対の場所で降ろされて大変でした。苦笑)。

チケット受取のオフィスはゲートBの近くにある

チケット受取のオフィスはゲートBの近くにある

■帰りについて

今回、帰りは会場で知り合った方のご厚意で、特別な方法で早めに帰ることができたので正確なレポートができないのですが、とりあえず言えるのは「ドバイワールドカップまで待ってしまうと、かなりの時間、タクシーやバスを待つことになる」ということです。

今回、ワールドカップを地元のサンダースノーが勝ち、表彰式にもモハメド殿下が登場したので、「しばらく地元の方は帰らないだろうし、今のうちに出口まで行ってしまおう」と考え、会場の外へ。しかしその時点で帰り用のタクシー待ちには長蛇の列ができていました。

ドバイモール行きの無料バスに関しても、乗り場がわかりづらいですし、地元っぽい人は柵を越えてどんどんバスに乗り込む一方で観光客は止められたりと、親切ではありません。

タクシーのほうも誘導がスムーズではなく、列に並んでいた人の順番が来ていざタクシーに乗ろうとすると、係員に「横入りするな!列に並べ!」と言われているなどカオスな状況でした。

一方で、ドバイワールドカップが終わる前に会場を後にした知人の話だと、すぐにタクシーに乗れたそうです。早く帰りたいのであればドバイワールドカップが始まる前に会場を出てしまうのがいいでしょう。

そうでなければ、最後のセレモニーまで見て、その余韻に浸りながらタクシーを待つぐらいの余裕をもった行動・計画をとるほうがいいかと思います。




次の記事を読む→ 【4】服装・ドレスコードについて

(文=桜木悟史) @satoshi_style

※当記事の内容は2018年当時の情報です

←他のPOGサイトも見てみる


2018年4月11日
から poginfo
0件のコメント

チケット購入方法・席の種類・観戦&写真撮影場所~ドバイワールドカップday観戦記(2)

まずチケットの購入方法について書きます。

今回、私は日本の代理店である「ワールドスポーツコミュニティ株式会社」でチケットを手配しました。説明はすべて日本語で書かれているので難しいことはないかと思います。

悩むのは【どの席種のチケットを購入すればいいか?】という点。

今回、私は「The Gallery ギャラリー」という席を選択。値段は63,000円+決済手数料3.6%。私としてはせっかく愛馬が出るのでパドック周辺に行きたい。今回の記事は「馬の写真を撮りたい方向けの観戦場所選び」として書かせて頂きます。

結論から書くと、

「Apron View エプロンビュー」以上の席種であればパドックに近づくことは可能です

以下がパドック周辺の図解です。
dubai_w560
エプロンビューのチケットであればBのエリア、ギャラリー以上(おそらくスカイバブルも)のチケットならA・B両方のエリアに入ることができます。

一見すると、Bのほうがパドックと接している面積が広いので良さそうに見えますが、エプロンビューのチケットはギャラリーの半額以下ということもあって、かなり人が多め。Bのエリアは人口密度がひどいことになります。

私も当初、Bのエリアでの撮影を検討したのですが、あまりの人の多さとそのせいで体感温度が高すぎて待機を断念。加えて、パドックは中にかなり関係者が入り、しかも日本ほどが長い時間、周回するわけでもないので、待機時間に見合った撮れ高が得られないと思います。

そこで私は人が少ないAのエリアに移動しました。Aのエリアはパドックの写真はほぼ撮れませんが、代わりにパドックから本馬場入場する際の写真や、レース後に1~3着の馬がパドックへ戻っていく様子や脱鞍所の写真も撮ることが可能です

本馬場入場するレイデオロ

本馬場入場するレイデオロ

レースを終え、脱鞍所に戻ってきたレイデオロ

レースを終え、脱鞍所に戻ってきたレイデオロ

Aのエリアのデメリット「トイレが遠い点」「ドバイターフ前に行なわれるショーがほとんど見れない点」

ショーは上記図の★の場所で行なわれます。Aのエリアからだと斜めからしか見えず、ショーはほとんど楽しめません。

トイレは、Bのエリアを経由してスタンドに戻るか、図の左上のほうのスタンドに戻るかの2つの方法があるのですが、まずBのエリアは途中から人が密集しており、通過は容易ではありません。左上のスタンドに戻る場合も、ギャラリーよりも上位の席「Premiumプレミアム」のトイレはすぐ近くにありますが、ギャラリーのトイレはかなり遠く、スタンドの一番上まで戻らないとありません。

当日はかなり暑く、頻繁に水分補給をすることになります。当然、トイレに行く回数も多くなるので、このトイレ問題は意外と重要なポイントだと言えます。

ちなみに返し馬やレースについては上記図の赤矢印の部分に関係者が待機し、その下にある芝コースとの間の部分にもメディアのカメラマンなどが入るのでほとんど撮れません。これはA・Bもあまり違いはないかと思います。

レイデオロの本馬場入場を撮影しようとした時も、堀宣行調教師やフリーライターの平松さとし氏が映り込みました(笑)。

レース時には写真以上に関係者や報道陣が壁になる

レース時には写真以上に関係者や報道陣が壁になる

【 観戦場所のまとめ 】

■エプロンビュー[Apron View]
・パドック接地面積は広いが、人口密度が高い
・パドック内の人が多いので良いカットを撮れるかは運次第
・ドバイワールドカップセレモニーを間近で楽しめる
・優勝馬の表彰セレモニーはほとんど見れない

■ギャラリー[The Gallery]
・人口密度が低く、場所取りをしなくても良い場所は確保しやすい
・本馬場入場時の花道は良いカットを撮れる確率が高い
・脱鞍所に接しているのでレース後の写真も撮れる
・ビュッフェやトイレが遠く、食事や水分補給が不便

値段が違うので、一概にどちらが良いとは言えませんが、ドレスコードがあって、かつ長時間の場所取りが必要になるBのエリア(エプロンビュー側)での観戦は準備と覚悟は必要でしょう。

ちなみに、スカイバブル・ギャラリー用に提供される軽食はこんな感じ。味は普通に美味しいですし、少なくなったらすぐに補充されます。飲み物も各種アルコール飲料や、ペプシなどのソフトドリンクが無料で用意されています。

buffet
buffet2
lanch
エプロンビューの場合は、売店での有料販売となっています。これを考えても、個人的には3万円ほど高いギャラリー席は割高には感じませんでした。

ドバイ観戦を検討されている皆さんのご参考になれば幸いです。




次の記事を読む→ 【3】メイダン競馬場への行き方・帰り方

(文=桜木悟史) @satoshi_style

※当記事の内容は2018年当時の情報です

←他のPOGサイトも見てみる


2018年4月9日
から poginfo
2件のコメント

【フリスタPOG】ポポさん指名のアーモンドアイが第78代 桜の女王に

POG20180408_1
POG20180408_2



アーモンドアイ 桜花賞を制覇
ポポさん、おめでとうございます!!

上がり3Fで2位以下に1秒以上の差をつける完勝劇!
ちょっとモノが違いましたね。これはオークスも期待できるでしょう。

ちなみに週末にツイッターのほうで「シンザン記念と桜花賞は連動する」という話を書きましたが、その後どうなったかという話を書いておきます。

2007年:ダイワスカーレット(シンザン記念2着) 桜花賞1着→オークス不出走
2011年:マルセリーナ(シンザン記念3着) 桜花賞1着→オークス4着
2012年:ジェンティルドンナ(シンザン記念1着) 桜花賞1着→オークス1着
2016年:ジュエラー(シンザン記念2着) 桜花賞1着→オークス不出走

マルセリーナの年のオークスはエリンコートが勝った年で、良馬場発表といえども雨で馬場が悪かったのでデータ的には度外視できると個人的には考えています。ですので、アーモンドアイは馬場さえ変なことにならなければオークスでも上位争いは必至とみますがどうでしょうか。

「父ロードカナロアだから距離延長は不安」という意見もあるでしょうが、そもそもオークスは桜花賞組のマイラーがそのまま通用することが多いレースですからほとんど心配はいらないはず。さらに、同じ父の産駒であるステルヴィオに対してもルメール騎手「距離が延びたほうがいい」と話していますから、アーモンドアイとステルヴィオを同列で考えるべきではないものの「ロードカナロア産駒=短距離」という決めつけをするよりかはマシのように思えます。

ポポさんが牝馬戦線で荒稼ぎすると仮定した場合、逆転の芽は牡馬戦線にあるわけですが、こちらは大本命だったダノンプレミアムが皐月賞を回避。一気に混戦ムードが高まりました。この皐月賞にキタノコマンドール・ワグネリアンの2頭を送り込むビッグレッドさんに、ダービーまで見据えると大きくポイントを稼ぎそうなステルヴィオ擁するウメチさんあたりはちょっと色めき立つものがあるのではないでしょうか?

いくら強い牝馬がいても、ダービーの賞金で優勝が決まるケースが多いので、この皐月賞の内容がどうダービーにつながるか? 非常に楽しみです。

―――――――――――――――――――――――――
【お知らせ】
来期の継続参加者の募集を開始します(定員25名)

※新規参加者の募集は5月上旬を予定しております

・<ドラフト> 完全逆ウェーバー ※今期と同じ
 奇数巡は継続者今期順位順→新規参加表明順、偶数巡は逆
 ルール確認はこちら→ pog-info.com/POGrule

・新規参加枠は「25名-継続者人数」で確定(5月上旬を予定)

▼継続の参加表明は以下の掲示板に表明をお願いします。
http://9318.teacup.com/furisuta/bbs?

←他のPOGサイトも見てみる


2018年4月8日
から poginfo
0件のコメント

【POG次走報】エタリオウ、サトノソルタス、ダブルフラットは青葉賞へ

※こちらの情報は個人調べとなります。誤りなどご容赦頂ければ幸いです
※情報が古い場合がございます。あらかじめご了承ください

■レース別 出走予定

★4/21 あずさ賞 [京都芝2400m]
マサハヤニース

★4/22 フローラS [東京芝2000m]
ロサグラウカ、ラブラブラブ、サトノワルキューレ、ヴェロニカグレース、サラキア、レーツェル(北村宏)、ノーブルカリナン(藤岡康)、ディアジラソル、ファストライフ

★4/28 ゆきつばき賞 [新潟芝1200m]
トロワゼトワル

★4/28 青葉賞 [東京芝2400m]
オブセッション、コズミックフォース、トラストケンシン、ゴーフォザサミット、ミッキーポジション、エタリオウ(石橋)、ディープインラヴ、サトノソルタス(デムーロ)、ダノンマジェスティ(内田)、カフジバンガード、ダブルフラット(田辺)、スズカテイオー(藤岡康)、ノストラダムス(和田)、レイエスプランドル?

★4/29 スイートピーS [東京芝1800m]
ミュージアムヒル

★4/29 端午S [京都ダ1400m]
グリム、メイショウイサナ、ハヤブサマカオー、メイショウタイシ、メイショウラビエ

★5/3 兵庫チャンピオンS [園田ダ1870m]
ビッグスモーキー、コマビショウ、ワークアンドラブ、クレヴァーパッチ、テーオーエナジー?

★5/5 プリンシパルS [東京芝2000m]
ハッピーグリン

★5/5 京都新聞杯 [京都芝2200m]
フランツ(デムーロ)、ネプチュナイト、ステイフーリッシュ、レノヴァール、ユーキャンスマイル(武豊)、レイエスプランドル?

★5/6 橘S [京都芝1400m]
マドモアゼル

★5/6 NHKマイルC [東京芝1600m]
カツジ、ケイアイノーテック、デルタバローズ、テトラドラクマ(田辺)、トーセンブレス、ロックディスタウン、テンクウ、ルーカス、ミスターメロディ(福永)、サンラモンバレー

★5/12 夏木立賞 [東京芝2000m]
レイエンダ

★5/13 青竜S [東京ダ1600m]
オメガパフューム、スマハマ、セイウンクールガイ?

★5/20 鳳雛S [京都ダ1800m]
テーオーエナジー?

★5/20 優駿牝馬 [東京芝2400m]
カンタービレ、メサルティム

★5/26 葵S [京都芝1200m]
オジョーノキセキ、トウカイパシオン、ビリーバー、マドモアゼル、レグルドール、アサクサゲンキ、モズスーパーフレア、エイシンデネブ

★5/27 日本ダービー [東京芝2400m]
ブラストワンピース、ダノンプレミアム

★6/17 ユニコーンS [東京ダ1600m]
スマハマ、ドンフォルティス、ルッジェーロ




←他のPOGサイトも見てみる