コケレールの 2020(スティルディマーレ)評価・分析【キャロットクラブ募集番号2】

キャロットクラブ募集馬診断

血統・配合

父:ロードカナロア
母:コケレール (16 歳)
母父:Zamindar

5 代目までのクロス:Mr. Prospector4x4, Northern Dancer5x5x5, Secretariat5x5

牡馬

募集価格・厩舎

募集金額:6,000 万円(一口15万円)
預託予定:美浦・国枝栄厩舎

評価

コケレールはツキがない繁殖というか、Galileo の仔を受胎して来日するも流産。その後もディープインパクトやハーツクライ、ドラゥメンテといった社台スタリオン期待の種牡馬をつけるも初仔のラヴィエベール以外はぱっとせず。今年度もロードカナロアをつけてきましましたが、どうでしょうか。

配合評価は高い評価がしづらいと言えます。

「ロードカナロア+母父ミスプロ系」の組み合わせはロードカナロア産駒の獲得賞金上位ベスト 20 に1 頭もいません。ちなみに上記の組み合わせで賞金最高額はカイザーミノルの 9,893 万円(執筆時点)。

まったくダメという配合でもないかもしれませんが、兄姉の実績が乏しい点、そしてロードカナロア産駒の本流配合ではないことから低評価とします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました