ラドラーダの2020(ラディアンシア)評価・分析【キャロットクラブ募集番号3】

キャロットクラブ募集馬診断

血統・配合

父:ロードカナロア
母:ラドラーダ(14 歳)
母父:シンボリクリスエス

5 代目までのクロス:Mr. Prospector4x4

メス

募集価格・厩舎

募集金額:7,000 万円(一口17.5万円)
預託予定:美浦・栗田徹厩舎

評価

ラドラーダの仔は 6 月の半兄アルマドラードの勝ち上がりで 6 連続勝ち上がり。コスパを度外視すれば、やはり良質な繁殖です。

バランスを良くしているのが「母父シンボリクリスエス」。良くも悪くも主張が少なく、ボトムラインの良さをそのまま押し出してくれます。

キングカメハメハとシンボリクリスエスの相性の良さについては、レイデオロはもちろん、6月に新馬勝ちを収めたロスヴァイセ(父リオンディーズ、母父シンボリクリスエス)も当サイトで好評価した組み合わせ。

「ロードカナロア+母父シンボリクリスエス」で抽出すると、現3歳以上で 22 頭中 12 頭が中央勝ち上がり(.545)。賞金では 2 頭(レッドガラン・ダノンスプレンダー)が 1 億円超え。アベレージ型というよりは当たり外れの幅が大きい組み合わせです。

冒頭にも述べたように、基本的には募集金額が高いのでコスパ的には微妙。加えて、全兄のソルドラードがダートで覚醒したことを考えるとダート向きに振れる可能性もあり(ダノンスプレンダーを筆頭にダート馬も多い配合)。牝馬でダート向きとなると交流重賞荒稼ぎでもしない限り、回収率 200%は高めのハードルとなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました