シーザリオの2020(テンペスト)評価・分析【キャロットクラブ募集番号4】

キャロットクラブ募集馬診断

血統・配合

父:ロードカナロア
母:シーザリオ(18 歳)
母父:スペシャルウィーク

5 代目までのクロス:Northern Dancer5x4

メス

募集価格・厩舎

募集金額:7,000 万円(一口17.5万円)
預託予定:美浦・国枝栄厩舎

評価

まず筆者の見方の前提として「シーザリオの仔は牡馬優勢」。この傾向は重視します。これまで牝馬は 4 頭いて回収率 100%超は 0 頭。

このあたりの理由は推測にはなりますが、「あまり結果が出ていないキングカメハメハの牝馬だったため」という見方がひとつ。もうひとつ、牝馬だとシーザリオ由来の優れた運動神経に身体がついていかないという見方もあります。

前者であれば今回のロードカナロア替わりで一変の可能性に賭ける余地があります。キングカメハメハとロードカナロアの獲得賞金上位を比べた場合、少しだけロードカナロアのほうが牝馬の活躍馬が多くなっています。

「ロードカナロア+母父スペシャルウィーク」は現3歳以上で 28 頭中 13 頭が勝ち上がり(.464)。うち 2 頭が重賞勝ち(サートゥルナーリア・グルーヴィット)。ただ、それ以外の獲得賞金は低くなっており、アベレージは低め。母父スペシャルウィークが難しい配合ということもあって当たり外れが大きくなっています。

いろいろとギャンブル要素が多く、基本的には募集金額以上の賞金を稼がないことを覚悟の上で出資するべき馬でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました