ローガンサファイアの2020(ゴールドシーン)評価・分析【キャロットクラブ募集番号8】

キャロットクラブ募集馬診断

血統・配合

父:エピファネイア
母:ローガンサファイア(10 歳)
母父:ダイワメジャー

5 代目までのクロス:サンデーサイレンス 4×3, Hail to Reason5x5, Northern Dancer5x5

牡馬

募集価格・厩舎

募集金額:5,000 万円(一口12.5万円)
預託予定:美浦・林徹厩舎

評価

本馬の母父ダイワメジャーはノーザンテースト色の強い持久力型種牡馬です。そしてエピファネイアも高いスピードを長い時間キープできる持久力型の種牡馬ですから、同じようなタイプを重ねた配合となります。

筆者は「この組み合わせは微妙かな」と感じ、4代目までにノーザンテーストを持つエピファネイア産駒の成績を調べたところ、現状 2,750 万円を稼いでいるレッドブロンクスの成績が最高。物足りないと言えます。

そのレッドブロンクスも、ニックスと称されることの多い「エピファネイア+母父キングカメハメハ」の組み合わせでありながらその成績ですから、かえってエピファネイアとノーザンテーストの組み合わせが悪い方向に働いている(芝で活躍している馬が多いのに、レッドブロンクスがダートを主戦にしているのもこの影響がありそう)ように映ります。

個人的には以前サフィロスに申し込みしたことがあり、親しみのある牝系ではあるのですが、今回は買い時ではないような気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました