ステファニーズキトゥンの2020(バロンゾラーレ)評価・分析【キャロットクラブ募集番号12】

キャロットクラブ募集馬診断

血統・母年齢・性別

父:ドゥラメンテ
母:ステファニーズキトゥン (11歳)
母父:Kitten’s Joy

5 代目までのクロス:Mr. Prospector4x5, Roberto5x5

メス

募集価格・厩舎

募集金額:3,600 万円 (一口9万円)
預託予定:美浦・久保田貴士厩舎

評価

ついにステファニーズキトゥンが都落ちですか。この名前を予定リストで見た時に衝撃を受けました。

父ディープインパクトの半姉たちの配合を見てもそこまで悪いと思えません。Sadler’sWells 持ちのディープインパクトも牝馬に限れば悪くありません。

こうなると疑いたくなるのは「母父 Kitten’s Joy」が悪さをしているという仮説。気になったのでこちらのデータで抽出してみると、37 頭いてルヴォルグの 3,766 万円が最高。…うん、とりあえず母父 Kitten’s Joy は日本では走っていない。このデータは頭に入れておいて損はないでしょう。

血統表全体を見た時に、評価できるとしたら母方に Sadler’s Wells を持っている点。一応、ドゥラメンテ産駒の獲得賞金 1,3 位のタイトルホルダー・アスコルターレがその点では共通。ただし、タイトルホルダーに関して筆者は別の血が作用してパフォーマンスをあげているという説のほうが有力だと見ているので、Sadler’s Wells だけで得点を与えるには根拠が乏しいです。

ドゥラメンテ産駒の牝馬が低調である点も加味して低評価とします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました