プルメリアスターの2019(セラディーン)評価【キャロットクラブ募集番号61】

キャロットクラブ募集馬診断

血統・母年齢・性別

馬名:セラディーン

父:モーリス
母:プリメリアスター (7歳)
母父:ゼンノロブロイ

5代目までのクロス:サンデーサイレンス 4×3, Sadler’s Wells 4×5, Lyphard 5×5

メス

募集価格・厩舎

募集金額:2,800万円 (一口7万円)
預託予定:栗東・矢作芳人厩舎

評価・適性分析

モーリス産駒の一番星をあげたカイザーノヴァの血統表を見た時、「Sadler‘s Wells のクロスで走ってしまうのか?」と頭を抱えたのですが、冷静になって以前に執筆したモーリスの新種牡馬分析を読み返したところ、ある仮説にいきつきました。

それはモーリスがカーネギーのところに持つ Bold Reason・Riverman の全兄弟クロスをBold Reason[Never Bend]やニアリーな Roberto で呼応させると末脚が引き出されるという仮説。

本馬は母系の Sadler’s Wells のところに Bold Reason を内包しており、仮にこの仮説が成立するならば、本馬は最後の直線でしっかりとした末脚が使えるタイプに育つ可能性があります。

筆者は【モーリスは牡馬狙い】【母父ゼンノロブロイは減点】という指針を持っているので検討しませんが、走る要素は備えている可能性があります。

ただ同じ Sadler’s Wells クロス持ちのモーリス産駒という比較でいえば、アンレールの2019のほうが馬体も含めて筆者の目にはよく映りました。検討外とします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました