マルティンスタークの2020(サヴァリア)評価・分析【キャロットクラブ募集番号33】

キャロットクラブ募集馬診断

血統・母年齢・性別

父:ジャスタウェイ
母:マルティンスターク(15 歳)
母父:シンボリクリスエス

5 代目までのクロス:トニービン 4×3, Hail to Reason5x5

メス

募集価格・厩舎

募集金額:2,000万円 (一口5万円)
預託予定:美浦・小島茂之厩舎

評価・分析

考察内容はほぼエスティタートの2020の流用となります。

血統表の中で気になるのはトニービンのクロス。これは昨年ぐらいの記事でもデータを出した記憶がありますが、近年、成功したといえるのがロードマイウェイ[チャレンジ C]ぐらいで、現代日本においてはマイナスに働くことが多いクロスです。

そのロードマイウェイについても改めて戦績を確認してみましたが、【ピークが短かった?】【全6勝のうち 4 勝が外国人 J で乗り難しい?】というような印象を受けます。

後者の仮説をとれば、ずっと外国人 J に乗ってもらえれば一縷の望みはありますが、そこに賭けるのはギャンブルを超えて無謀。

「ジャスタウェイ+母父シンボリクリスエス」シングフォーユーベルヴォーグなどの重賞出走級は輩出しているものの、現状では OP で十分に戦えている馬がいないため低評価とします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました