アールブリュットの2020(父ブラックタイド)評価・分析【キャロットクラブ募集番号39】

キャロットクラブ募集馬診断

※本馬は募集中止となりました※

血統・母年齢・性別

父:ブラックタイド
母:アールブリュット (8歳)
母父:マクフィ

5代目までのクロス:Hail to Reason4x5, Northern Dancer5x5

メス

募集価格・厩舎

募集金額:2,400万円 (一口6万円)
預託予定:美浦・木村哲也厩舎

評価・分析

アールブリュットという繁殖の血統表を見た時に毎回、目につくのはボトムラインのSadler’s Wellsです。これは母が洋芝で 2 戦 2 勝だったことから欧州色が強く打ち出すSadler’s Wells が強く作用していると筆者は感じる訳です。

こういうケースであれば、その種牡馬と Sadler’s Wells の相性を見ていく作業となります。

結論から書くと「ブラックタイド+Sadler’s Wells」の組み合わせはアズマタックンやテイエ
ムチューハイ
といった障害で結果を出したようなスタミナ優勢の馬が上位を占めており、字面通りのかったるさを感じます。

昨年募集された半兄パラレルヴィジョンより配合は劣りますし、筆者は見送りです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました