フォトコールの2020(ブレガーロード)評価・分析【キャロットクラブ募集番号42】

キャロットクラブ募集馬診断

血統・母年齢・性別

父:Quality Road
母:フォトコール (9歳)
母父:Galileo

5代目までのクロス:Northern Dancer5x4, Mr. Prospector4x5, Raise a Native5x5

牡馬

募集金額・厩舎

募集金額:8,000万円 (一口20万円)
預託予定:美浦・木村哲也厩舎

評価・分析

本馬は近親にマジカルがいます。こういう欧州のトップレベルの馬の牝系の馬が募集されるんだから「キャロットクラブってすごいクラブになったなぁ」と感じさせられます。

それはそうとして、このサイトではそれが果たして値段に見合う馬なのかは冷静に見ていきます(笑)。

まず個人的に厳しいと感じるのは父系が日本で実績に乏しいという点。Gone West 自体は悪くないのですが、そこから Elusive Quality に枝分かれしたところからはほぼ出世馬が出ていないという点。

唯一の億超えがダノングッドで、ギリギリ OP を勝てるレベル。しかも他の父を迎えて半兄弟がダノンレジェンド[JBC スプリント]やダノンキングリー[安田記念]ですから、むしろ Elusive Quality の物足りなさが際立つぐらいです。

次に母父 Galileo 側から見る視点。この視点で見ると、日本で走るためにはスピード優位な種牡馬のほうが結果を出しています。その観点からしても Quality Road に納得感はありません。

この馬に関してはマジカルが大好きだったとか、そういう動機がないとなかなか手が出せないかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました