アディクティドの2020(アルアリング)評価・分析【キャロットクラブ募集番号45】

キャロットクラブ募集馬診断

血統・母年齢・性別

父:ロードカナロア
母:アディクティド (14歳)
母父:ディクタット

5代目までのクロス:Northern Dancer5x5, In Reality 5×5

メス

募集価格・厩舎

募集金額:4,400万円 (一口11万円)
預託予定:栗東・高野友和厩舎

評価・分析

アディクティドの仔の評価はなかなか難しく、2年前は「牡馬の仔は走る」という見立てから×2で半兄ヴェルナーに申し込みをして現在未勝利。キンカメ系との相性は悪くないでしょうが、今回は牝馬が出た点がこれまでの実績的にはやや不安。

そして筆者が気になったのはロードカナロアに替わったことで In Reality のクロスが発生した点。In Reality は身体の締まりが強くなる効果をもたらすので、これがクロスすることによって短距離・ダート向きになりやすい傾向があります。

実際、母系に In Reality を持つ馬だとレッドルゼル[根岸 S]や短距離 OP のメジェールスーなどが代表例として挙げられます。これらの傾向から本馬の距離適性は 1400m ぐらいが上限となる可能性が高そうです。

牝馬なので 1400m ぐらいまで走れるならそこまでの減点材料にはなりませんが、兄姉のイメージで申し込みをするとその期待は裏切られる可能性がありそうですので、この点は注意したいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました