チャイマックスの22(モルティフレーバー)評価【キャロットクラブ募集番号56】

キャロットクラブ募集馬診断

こちらのページでは、キャロットクラブの募集馬を分析し、その評価を解説します。

■評価軸・合格ライン
☆募集金額の2倍の賞金を稼げるかどうか?
重賞に出走できるポテンシャルがあるか?

■分析手法
☆種牡馬・BMSの傾向
☆血統表内の相性、インブリードの効果
☆配合の獲得賞金の上限・アベレージ

※当サイトを初めてご訪問された方はこちらのページをご一読ください
※出資判断はご自身でご判断ください。責任は負いかねます
※写真等はキャロットクラブ様の許可を得て掲載しております

血統・母年齢・性別

モルティフレーバー(チャイマックスの2022)

馬名の意味「チャイに使用されるアッサム茶葉の香りのこと。母名より連想」

父:キタサンブラック
母:チャイマックス (10歳)
母父:Congrats

牝馬

チャイマックスの22 血統表

5代目までのクロス:Northern Dancer5×5, Secretariat5×5, Lyphard5×5

募集価格・厩舎

募集総額:4,000万円(一口10万円)
預託予定:栗東・清水久詞厩舎

評価・適性予測

チャイマックスの繁殖成績は初仔が未出走、次男のタイセイレスポンスが先日の札幌の新馬戦で4着。本馬が3番仔です。

この時点で繁殖能力を判断をするのは早計でしょうが、ここで湧いてきたのは「母父Congratsの成績はどうなんだろう?」という疑問。

そこで集計してみると、ハートレー[ホープフルS]の8.331万円が最高。2019年に同馬が引退してから更新されることもなく、かつほとんどの馬が1勝クラスが精一杯という状況。これはネガティブに捉えたいところ。

またキタサンブラック産駒は牡馬のほうが大物が出やすい傾向があり、あえてキタサンブラック産駒のヨコの比較で本馬を選ぶ動機はあまり思いつきません。見送りとします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました