ペニーウェディングの22(父ゴールドドリーム)評価【キャロットクラブ募集番号95】

キャロットクラブ募集馬診断

こちらのページでは、キャロットクラブの募集馬を分析し、その評価を解説します。

■評価軸・合格ライン
☆募集金額の2倍の賞金を稼げるかどうか?
重賞に出走できるポテンシャルがあるか?

■分析手法
☆種牡馬・BMSの傾向
☆血統表内の相性、インブリードの効果
☆配合の獲得賞金の上限・アベレージ

※当サイトを初めてご訪問された方はこちらのページをご一読ください
※出資判断はご自身でご判断ください。責任は負いかねます
※写真等はキャロットクラブ様の許可を得て掲載しております

血統・母年齢・性別

ラッケンブース(ペニーウェディングの2022)

馬名の意味:花婿から花嫁に贈られ結婚式当日に身に着けるブローチ。母名より連想

父:ゴールドドリーム
母:ペニーウェディング (9歳)
母父:Broken Vow

牝馬

ペニーウェディングの22 血統表

5代目までのクロス:Northern Dancer5×5×4, Mr. Prospector5×5

募集価格・厩舎

募集総額:2,000万円(一口20万円)
預託予定:門別・田中淳司厩舎 or 南関東

評価・適性予測

母ペニーウェディングはダート短距離で1勝。牧場側はゴールドドリーム・クリソベリルと種付けしており、この繁殖にはダート路線を期待しているようです。

ただ個人的にはやはりDanzigなどは芝でのスピードを伸ばしてあげたい気持ちが強く、あまり評価しづらいところ。

半姉ペニードロップス(父サトノアラジン)が芝マイルで逃げて新馬戦3着になっていることから、本質的には芝向きの牝系であり、そこを意識した父を迎えたいというのが筆者の見解。

そうした見解に反発するかのように地方募集となってしまったので、手が出しづらいタイプです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました