コルコバードの2020(パンデアスカル)評価・分析【キャロットクラブ募集番号56】

キャロットクラブ募集馬診断

血統・母年齢・性別

父:モーリス
母:コルコバード (7歳)
母父:ステイゴールド

5代目までのクロス:サンデーサイレンス 4×3, ノーザンテースト 5×5

牡馬

募集価格・厩舎

募集金額:4,000万円 (一口10万円)
預託予定:栗東・高野友和厩舎

評価・分析

「モーリス+母父ステイゴールド」現3歳に4頭いて勝ち上がりは 1 頭のみ。ステイゴールドだけでなく、ノーザンテーストを内包する SS 系種牡馬を父に持つ繁殖との組み合わせは全体的にうまくいっていません。

ノーザンテーストを重ねると持久力が強化される一方で、ワンペースとなってしまい末脚を使えません。「モーリス+母父ダイワメジャー」のタイソウがわかりやすいサンプルと言えます。

あとキャロットクラブのアワブラッドを見ていった時に6歳春までフルに働いてしまった牝馬の仔は、少しパフォーマンスが低くなる傾向があります。配合含め、高い得点はつけにくく、筆者は見送りとします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました